Created on | Updated on

Windows ファイアウォールで Autodesk Network License Manager の例外を設定する方法

問題:

Windows ファイアウォールで Autodesk Network License Manger の例外を設定する方法を教えてください。

解決策:

オートデスク ネットワーク ライセンス サーバは、lmgrd (マスター デーモン)用に 27000 ~ 27009 の範囲で最初に使用可能な TCP ポートと、adskflex (オートデスクのベンダー デーモン)用に予約されている TCP ポート 2080 を使用します。そのため、最新の Autodesk Network License Manager をインストールした後、これらのポートを経由するネットワーク通信を確立して、ネットワーク ライセンス マネージャを機能させる必要があります。

1. Windows ファイアウォールを開き([コントロール パネル] > [システムとセキュリティ] > [Windows ファイアウォール])、[詳細設定]をクリックします。

2. [受信の規則]を選択

  1. [新しい規則]を選択
  2. [ポート] > [次へ]を選択
  3. [TCP]を選択し、[特定のポート]のボックスに「2080, 27000-27009」と入力 > [次へ]
  4. [接続を許可する] > [次へ]
  5. [ドメイン]、[プライベート]、[パブリック]を選択
  6. [名前]に「Autodesk lmgrd」(または任意の名前)と入力

3. [送信の規則]を選択

  1. [新しい規則]を選択
  2. [ポート] > [次へ]を選択
  3. [TCP]を選択し、[特定のポート]のボックスに「2080, 27000-27009」と入力 > [次へ]
  4. [接続を許可する] > [次へ]
  5. [ドメイン]、[プライベート]、[パブリック]を選択
  6. [名前]に「Autodesk lmgrd」(または任意の名前)と入力

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ