Created on | Updated on

Maya用Substanceプラグイン更新のお知らせ

 

Substanceプラグインを使用すると、Mayaで直接Substanceマテリアルを使用できます。 アニメーションまたはビジュアルエフェクトに取り組んでいるかどうかにかかわらず、Maya用Substanceプラグインは、生産性向上のために最適化された機能を備えた他にはない体験を提供します。

Mayaには、ネイティブバージョンのSubstanceプラグインが付属しています。

このページは公式のプラグインバージョン(1.4.1)を扱います。

作業速度を上げ、生産性を高めます。Substanceパラメータを使用すると、Mayaビューポートで直接テクスチャをリアルタイムで更新できます。

リアルタイムPBRワークフローで作業する:PBRモードはStingray PBSシェーダとShaderFXをサポートします。

SinMaya-pbrmode.jpg

カスタムワークフローを採用する:Arnold、Vray、Renderman、Octane、Redshiftなどのサードパーティ製レンダラでSubstanceマテリアルを使用します。

Maya用SubstanceプラグインはWindows、Mac、Linuxで利用可能で、2015から2018までサポートされています。 Maya用SubstanceプラグインはWindows、Mac、Linuxで利用可能で、2015から2018までサポートされています。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ