Created on | Updated on
フォローする

RenderGarden - インストール

  1. ご使用のOSに合わせてインストーラをダウンロードして解凍します。
    Win:
    http://mekajiki.s3.amazonaws.com/rendergarden/builds/RenderGarden_WIN.zip
    Mac:
    http://mekajiki.s3.amazonaws.com/rendergarden/builds/RenderGarden_MAC.zip
  2. インストーラを起動して、使用許諾(Software license agreement)で、I accpet / Agreeをクリックします。

  3. RenderGarden をインストールする Adobe CC のバージョンを選択します。

  4. インストールが完了すると、下記にスクリプトが格納されます。
    Win:
    C:\Program Files\Adobe\Adobe After Effects CC 2018\SupportFiles\Scripts\ScriptUI Panels
    RenderGarden.jsxbin と Gardener.py
    Mac: /Applications/Adobe After Effects CC 2018/Scripts/ScriptUI Panels
    RenderGarden Gardener.app と RenderGarden.jsxbin

  5. FFMPEG と Python 2.7 (Windows) を追加インストールします。
    ダウンロードリンク:
    https://www.mekajiki.com/rendergarden/downloads/

    FFMPEG は解凍後、ffmpeg のみを下記のフォルダにコピーします。
    Win:
    C:\Program Files\
    Mac: /Applications/ Python のインストール先はどこでも構いませんが、RenderGarden起動時にインストール先を指定する必要があります。
    RenderGarden 環境設定:
    1. Aftter Effects を起動し、環境設定を開きます。
    2. 一般設定項目の「スクリプトによるファイルへの書き込みとネットワークへのアクセスを許可」にチェックを入れます。
    3. ウィンドウ > RenderGarden を開き、上記の認証コードを入れて、Registerをクリックします。
    4. RenderGarden のパネルが開きます。Show Prefs をクリックします。
    5. seedbank という名前のフォルダをデスクトップ等に作成します。
    6. RenderGarden の Show Prefs ボタンをクリックします。
    7. Browse ボタンをクリックして、Choose Folser ウィンドウで「新しいフォルダーの作成(N)」をクリックし、Seed Bank 用のフォルダを作成します。
    8. レンダリングするプロジェクトをコンポジション > レンダーキューに追加メニューから追加します。
    9. RenderGarden の Plant the Seeds! をクリックし、レンダリングを開始します。 Seed数を指定画面が表示された場合は、レンダリングする PC
      の最大物理コア数を指定します。

 

インストールガイド(英語):
http://mekajiki.s3.amazonaws.com/rendergarden/img/RenderGarden_Documentation_v1.0.0.pdf

設定紹介ビデオ:
RenderGarden v1.1 インストールガイド:
https://www.youtube.com/playlist?list=PLbmx0tRKHQRnNrebcYa_daRPR1CEH4tlu