Created on | Updated on
フォローする

Mari 4.2v2リリースノート

Mari4.2v2でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
Windows 7 64-bit or higher
Linux 64-bit operating system (CentOS/RHEL 6)

最小ハードウェア要件

クアッドコアプロセッサ
キャッシングおよび一時ファイル用に10 GB以上の空きディスク容量
4GB以上のRAM
1680 x 1050ピクセルの解像度で表示する
最新のドライバを搭載したNVIDIAまたはAMD *グラフィックカード
1GBのグラフィックメモリ
OpenGL 3.2 *以上
*ディスプレイスメントプレビューは、現在OpenGL 4.0以降をサポートするカードとドライバでのみ利用可能です。

推奨システム要件
2.5 + Ghzクアッドコアプロセッサ
キャッシュおよび一時ファイル用に250 GB以上の空きディスク容量。SSDがより良い。
追加の仮想メモリを備えた16GB RAM *
1920 x 1080ピクセルの解像度で表示する
最新のドライバを搭載したNVIDIAまたはAMD *グラフィックカード
2 GB以上のグラフィックメモリ
OpenGL 4.4以上のサポート

 

注意Linux Desktop Manager:Mariは正式にGNOMEでテストされています。一般的にKDEのような他のデスクトップマネージャではうまくいきますが、ほとんどのバグ修正はGNOMEを対象としています。しかし、XFCEのような一部のデスクトップマネージャはMariと互換性がなく、サポートされません。

新機能

このリリースには新機能はありません。

機能強化

TP 374961 - Mariはプロジェクトのカラースペース設定の変更を監視してプロジェクトの読み込み時間を短縮するためのより最適な手法を使用するようになりました。

TP 374974 - カラースウォッチは、レンダリングパフォーマンスを向上させるために、対応するカラースペース値をキャッシュするようになりました。

TP 348174 - 任意のチャンネルデータを含むEXR画像をインポートするためのサポートが追加されました。

TP 371712 - Texture Setsパレットが最新のメガスキャンファイルフォーマットをサポートし、ロードするようになりました。

TP 371700 - Texture Setsパレットは、megascansファイルで定義された名前を使用してエントリに名前を付けるようになりました。

バグ修正

TP 349956 - 「警告しない」ボタンをクリックすると、キャッシュパフォーマンス警告がLinuxで表示され続けることがなくなりました。

TP 363255 - ツールヘルプのテキストがアプリケーションウィンドウより長い場合、Mariはサイズ変更されました。

TP 359576 - 環境光をリセットすると、キャンバスでレンダリングエラーが発生していました。

TP 286410 - 前景見本ではなかった見本に対して、カラーピッカーダイアログで新しい色を選択すると、選択された色も前景見本を変更します。

TP 371562 - ノードプロパティビューのロケーターリストコントロールのリセットボタンが間違った場所に表示されていました。

TP 366698 - OCIOカラースペースフィルタが選択した画像に適用されませんでした。

TP 366851 - ビューポートをナビゲートするとき、MariはWacom Tablet PreferencesのWacomペンマッピングを尊重しませんでした。

TP 376759 - MARI__DONT_TREAT_EXR_PREMULTIPLIED環境変数がドキュメントに追加されました。1に設定すると、チャンネルをエクスポートするときにOpenEXRイメージの事前乗算が無効になります。詳細については、Mariオンラインヘルプを参照してください。

TP 377328 - 正投影図でピンナップツールのピンがジオメトリの上に描画されていませんでした。

TP 368815/366514 - 8ビットプロジェクタを適用すると、投影された画像が予想より暗くなります。

TP 372410 - ジオメトリの同じ位置でカスタムOCIO Configファイルを使用してペイントおよびベイク処理を複数回実行すると、Mariがペイントの端の周りにアーティファクトを作成していました。

TP 372539 - OCIO環境変数を使用してOCIO設定を使用するように設定すると、GPUアクセラレーションによる色空間変換が登録されませんでした。

TP 358954 - カラーマネージメントが無効になっていてビュー変換が有効になっていると、アイスポイトツールを使用して選択された色が正しくなくなります。

TP 371392 - カラーマネジメントが無効になっていて、ビュー変換が有効になっていると、カラーパレットツールを使用して選択された色はすべて正しくありません。

TP 373129 - カラーマネジメントを無効にして新規プロジェクトを作成した後に、変換の表示ツールバーの入力カラースペースオプションが表示されませんでした。

TP 373174 - 新しいプロジェクトダイアログで作業色空間を変更すると、混合色空間がリストの最初の項目に戻ります。

TP 360196 - 選択した画像にフィルタを適用すると、プレビューが最終出力と一致しませんでした。

TP 372648 - グラデーションツールで、選択した開始色と終了色がプレビューとペイント時に一致しませんでした。

TP 363511 - 選択した画像にフィルタを適用すると、その画像が3平面投影で使用されていた場合にアーティファクトが発生しました。

TP 359194 - カラーマネージメントを無効にしてフローベクトルをペイントしながら、スカラーデータのオンとオフを切り替えると、キャンバスに表示されるべきではないときに影響があります。

TP 373964 - カスタムOCIO設定を使用しているプロジェクトでは、画像がツールを介してペイントにロードされると、無効なカラースペース警告が表示されていました。

TP 371937 - 現在のペイントターゲットにフィルタを適用すると、最終結果がプレビューに表示されたものと一致しません。

TP 224395 - マスク画像を使用してペイントバッファにフィルタを適用すると、結果が誤って分解されてしまいます。

TP 375581 - ペイントバッファにペイントがある間にブレンドカラースペースを変更すると、色が知覚的に変化します。

本文はMari4.2v2リリースノートをご参照ください。
Mari4.2v2リリースノート

Mariの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/mari/download