Created on | Updated on

Substance Painter 2018.3.Xリリースノート

 

リリース日 : 20 November 2018

主な機能

2D View Export

2Dビューレンダリングテクスチャとしてエクスポートすることが可能になりました。 この機能は多くの人からご要望頂き、ついに利用可能になりました! エクスポートプロセスは、2Dビューの現在の状態を使用して、通常のエクスポート設定(パディング、ファイルフォーマット、ビット深度)でテクスチャをレンダリングします。 つまり、ビューモードがマテリアルモードではなくソロに設定されている場合、2Dビューはそのままエクスポートされます。

エクスポートウィンドウに行き、「2D View」という名前の新しい設定を選択します。

独自のエクスポートプリセットを作成する場合に備えて、「2Dビュー」という名前の新しい変換マップもエクスポートウィンドウの「Configuration」タブで使用できます。

改良されたBaked Lighting フィルター

Baked Lighting Environmentフィルタは大幅に改善され、HDR環境マップを正しくサポートするようになりました。
これで、ビューポートの照明を(2Dビューに表示されているように)複製し、それをベースカラーチャンネルにベイクすることができます。 新しいフィルタは、環境マップを垂直方向に回転させたり露出を変更したりするなど、さらなる制御を提供します。

リアルタイム異方性鏡面反射

この新しいバージョンでは、 "pbr-metal-rough-anisotropy-angle"という名前の新しいシェーダを紹介します。 このシェーダは、異方性の鏡面反射を作成するために使用できる「Anisotropy Angle(異方性角度)」と「Anisotropy Level(異方性レベル)」という2つのチャネルをサポートします。 このシェーダは、変換を必要とせずにそのままIrayに変換されます。

この新しいシェーダは、シェーダボタンをクリックしてミニシェルフを開くことで、シェーダウィンドウからアクセスできます。

デフォルトのサンプルプロジェクト「Preview Sphere」は、この新しいシェーダを利用してさまざまなチャンネルの設定方法を紹介するように更新されました。

Anisotropy Angleチャンネル内でグラデーションを使用しているときにおかしな状態で見える線状アーティファクトが表示される場合は、塗りつぶしレイヤ(Fill Layer)ではフィルタリングモードを「Nearest」に変更してみてください。シェーダのサンプリングが改善され、問題が解決します。

Clear Coat Shaderの更新

クリアコートシェーダ(pbrコート)は、より多くのコントロールとレンダリングの可能性を提供するように改善されました。 また、専用のMDLを使用してIrayと互換性を持たせることもできます。

変更点は以下のとおりです。

  • 二次Roughnessレイヤーを(User0チャンネル経由で)コントロールします。
  • 二次レイヤをマスクします(User1チャネル経由)。
  • サーフェスレイヤに適用するビヘイビアを選択します:Keep Normal Details (オリジナル)または Smooth surface(新規、メッシュ法線マップを無視)

利便性のために、この新しいシェーダをテクスチャリングする準備ができた新しいプロジェクトテンプレートも追加しました。PBR - Metallic Roughness Coated

新しいビューポートアンチエイリアス

Substance PainterのAnti-Aliasing後処理が改良され、 "Temporal Anti-Aliasing"(TAA)と呼ばれる新しい方法に変更されました。
この新しい手法は、あらゆる場合において、ごくわずかなコストではるかに優れた結果をもたらします。 TAAは、複数のフレームにまたがって情報を蓄積することによって機能し、詳細を失うことなく非常に滑らかなエッジを生成することを可能にします。

既にポストエフェクトではないため、設定はDisplay Settingsウィンドウ内で少し移動し、Post-Effectsセクションの下になりました。

この新しいアンチエイリアシングは、透明度と組み合わせると新しい可能性も提供します。 プロジェクトがAlpha-Testシェーダを使用している場合は、[Alpha Dithering]設定を有効にしてみます。

新しいTAAはまた、Specular反射とSuburface Scatteringサンプルで見えるBlue Noiseパターンをきれいにフィルタリングします。

Sparse Virtual Texturing (SVT)

新しいバージョンの大きな変更点の1つは、Sparse Virtual Textures(SVT)の導入です。

この新しいシステムは、Substance Painterの根本とアプリケーションの動作方法を変更します。 Substance Painterは現在、ビューポートの特定のメモリフットプリントを維持する方法としてSVTを使用して、テクスチャの入出力を可能にしています。 主な利点は、より大きなプロジェクトをより簡単にロードし、パフォーマンスを向上させるためにGPUにかかる負荷を減らすことができることです。 これは、大きくなりすぎるとディスク上のテクスチャをアンロードし、必要に応じて後でそれらを取り戻すことを意味します。 これは揮発性のキャッシュで、アプリケーションを閉じると削除されます。

このシステムのもう1つの利点は、ビューポート内にミップマップを導入したことです。これにより、テクスチャ品質が向上し、特にFabricパターンで見られるモアレ効果が軽減されます。

 

この新しいシステムに関して、主な設定(Edit > Settings)で編集できるいくつかのコントロールを公開しました。

  • Cache directory :この設定は、SVTキャッシュを含むSubstance Painterが一時ファイルを書き込む場所を制御します。
  • Hardware support acceleration :有効にすると、Substance PainterはGPUによるスパーステクスチャのネイティブサポートを使用します(無効にすると、ソフトウェア実装にフォールバックします)。

SVTの詳細については、当社のドキュメントページをご覧ください。: Sparse Virtual Textures

Substance Painterでの作業中に最高のパフォーマンスを確保するために、キャッシュディレクトリをソリッドステートドライブ(SSD)に設定することをお勧めします。

これらの設定は環境変数で上書きすることができます : Environment Variables.

新しく改善されたシンメトリツール

シンメトリツールが改良され、原点をオフセットできるようになりました。 プロジェクトが部分的に対称または中心から外れている場合は、調整できるようになりました。 オフセットは軸ごとにプロジェクト内に保存されます。

さらに機能追加して、新しい視覚的フィードバックを得る機会を得ました。

  • シンメトリ面がどこにあるかを示すために、デフォルトでメッシュ上に交差線が描画されます。
  • ミラーブラシストロークが適用される場所を示すためにカーソルを移動すると、ミラーポイントが表示されるようになりました。

すべての新しいビジュアルは、コンテキストツールバーの新しい[Symmetry]メニューから調整できます。

  • Mirror X, Mirror Y, Mirror Z : 対称に使用される方向を定義します
  • Offset : 軸ごとのオフセット値を制御します。 十字アイコンを使用すると、すべてのオフセットを0にリセットできます。
  • Symmetry Plane : Show Planeはメッシュをカットする平面を描画することができます。 Show intersection(交差を表示)は、平面がメッシュを切断する場所にメッシュ上に線を引きます。
  • Symmetry Cursor :Show Cursor (カーソルの表示)は、対称性が適用されている場所に二次ブラシカーソルを描画します。 Hide While Painting (ペイント中に非表示)は、ペイントしていないときにのみそのカーソルを表示します。
  • Manipulator:Show Manipulator(マニピュレータを表示)はビューポートに対称面をオフセットするためのマニピュレータを表示します。 Manipulator Size(マニピュレータサイズ)は、ビューポート内のコントローラの大きさを制御します。

Tri-PlanarおよびUVマニピュレータと同じショートカットを使用して、Symmetryマニピュレータを表示/非表示にすることができます。

  • Q : マニピュレータの表示/非表示
  • Shift : スナップ移動(離散オフセット)
  • + / - : マニピュレータサイズの変更

改良されたTri-Planarマニピュレータ

回転を制御するための3つの原点軸に加えて、Tri-planarマニピュレータを制御するときに新しい回転範囲も追加しました。 たとえば、ノイズパターンを投影するときに球体を使用すると、さまざまな角度をすばやく試すことが容易になります。

8bitディザテクスチャのエクスポート

NormalとHeightマップテクスチャを8ビットモードでファイルフォーマットにエクスポートするとき、Substance Painterは自動的にディザリングを適用してバンディングの問題を軽減します。

エクスポートプリセットがNormalマップを使用していても、アルファで何か他のもの(RGB =Normal、A =Roughnessなど)が使用されている場合は、Normalのみがディザ処理されます。

レイヤスタック動作の改善

レイヤスタックとレイヤ管理に対して、いくつかのワークフローの改善が行われました。

  • 右クリックメニューを使用して、レイヤスタック内のレイヤとフォルダにを割り当て、レイヤを整理します。
    Substance Painterレイヤの色は、他のソフトウェアパッケージとは少し異なります:
    • フォルダ内のレイヤは、フォルダの色を継承します(ただし淡色表示されます)。
    • 色のあるフォルダ内で色が割り当てられていないレイヤを移動すると、フォルダの色が継承されます。
    • レイヤーが専用の色を持っている場合は、フォルダによって上書きされることはありません。
    この独自の動作により、手作業で沢山の色を割り当てなくても、レイヤースタックの色付けと整理が簡単になります。

  • マウスをクリックしてスライドさせることで、複数のレイヤーをすばやく表示または非表示にすることができます。この機会を利用して、隠しフォルダ内の隠れていないレイヤの動作を少し洗練させました。隠されていないフォルダも同様です。

  • 矢印キーボードショートカットを使ってブレンドモードをすばやく切り替えます。
    ブレンドポップアップメニューを閉じた後でも、フォーカスはレイヤー上に残り、同じショートカットで変更し続けることができます。

フィルタおよびジェネレータ用の新しいSubstance Inputs

カスタムフィルタおよびジェネレータ用の新しいSubstance Inputが公開されました。 これらの新しいテクスチャ入力は、新しいメッシュ関連情報により、より高度なエフェクトの作成を可能にします。

利用可能な新しい入力は以下のとおりです:

  • Mesh Position
  • Mesh World Space Normal
  • Mesh World Space Tangent
  • Mesh World Space Bitangent
  • Mesh Texel Size
  • Mesh UV Mask

詳細については新しいドキュメントを参照してください。 : Mesh Based Input

例として、現在のテクスチャセットのUVアイランドの境界から白黒のマスクを作成する "UV Border Distance"という名前の新しいマスクジェネレータを提供します。

これらの入力は、Meshプロジェクトに基づいてSubstance Painterのエンジンから直接提供され、Bakersを使用しません。

新規および更新されたコンテンツ

この新しいバージョンでは、新しいコンテンツを含みました。

  • 新しいAnisotropicシェーダで使用する新しいプロシージャルグラデーションパターン
    • Anisotropic Radial
    • Gradient Circular
    • Gradient Disc Overlap
    • Gradient Disc Shifted
    • Gradient Flakes
    • Gradient Alternate
    • Gradient Checker
    • Gradient Checker Double
    • Gradient Weave
    • Gradient Weave Rotated
    • Gradient Weave Angle
    • Gradient Weave Angle Rotated 
  • 新しい環境マップ :
    • Studio Automotive Neutral 
  • プロジェクトテンプレート :
    • PBR - Metallic Roughness Anisotropy Angle
    • PBR - Metallic Roughness Coated
  • マテリアル:
    • Human Female 30s Face 06(シェルフのSkin presetですぐに見つけられます)
      この新しいスキンマテリアルはTexturing.XYZによって提供されており、リアルなスキンをペイントするための優れた表面ディテールを提供します。

また、既存のコンテンツの一部を更新してさらに洗練しました :

  • アップデータフィルタ "Baked Lighting Environment":上記を参照。
  • 更新されたフィルタ "MatFx Shutline":マテリアルエフェクトを隠し、Height/Normalの結果のみを保持するようになりました。
  • 更新されたサンプルプロジェクト:Preview Sphereは対称的に使用できるようになり、カスタムレンダリング用に新しいカメラアングルが追加されました。 デフォルトのシェーダは "Anisotropy Angle"です。

リリースノート

2018.3.1
(Released December 06, 2018)

Added:

  • Summary: hotfix
  • [Symmetry][Viewport] Symmetry painting in the 2D view is back and now features a clone brush preview fixed

Fixed:

  • [Export] 2D view export outputs a black texture in some cases
  • [Iray] Normal information becomes incorrect in Iray after instancing a material layer
  • Non square texture sets can lead in some cases to crash
  • [Undo] Several Ctrl+Z can randomly lead in few cases to crash
  • [QML] AlgScrollView can create a warning in the log in some cases (binding loops)

Known Issues:

  • Computation freeze in some cases on AMD VEGA GPUs
  • Huion tablet issue with shortcuts on Windows OS
  • Anti-aliasing and shadows when active together may give unexpected results

2018.3.0

(Released November 20, 2018)

Added: 

    • Summary: viewport upgrades, proper 2D view export, new UI helpers, an enhanced symmetry tool, new content and a huge boost in performance
    • [Anti-aliasing][Viewport] New temporal anti-aliasing filtering for 3D viewport (via Display Settings)
    • [Export] Export the content of the 2D viewport as a single texture
    • [Export][Dithering] Expose dithering at export
    • [Layer stack] Colors on layers and folders
    • [Layer stack] Quick activation and deactivation of multiple layers and effects
    • [Layer stack] Easier navigation for blending modes with up down keys and mouse scroll
    • [Proj][UI] Additional rotation manipulator on all three axis for triplanar
    • [Proj][Shorcuts] - and + to change the UV projection manipulator size
    • [Shader] Control coated layer parameters with channels in the PBR-coated shader
    • [Substance] Expose new mesh-based texture inputs for filters and generators
    • [Symmetry][Viewport][UI] Control symmetry offset with manipulators
    • [Symmetry][Contextual toolbar][UI] New symmetry panel with options
    • [Symmetry] New symmetry line intersection mode
    • [Symmetry] New symmetry clone cursor
    • [Symmetry][Shortcuts] Q to hide and -, + to change size and shift to snap
    • [Log] Improve error messages when unable to export textures
    • [Scripting] Allow to change or update the resources in Display Settings
    • [Scripting] Allow to create or remove channels in Texture Sets
    • [Content][Shaders] Add support for anisotropy with a dedicated shader (pbr-metal-rough-anisotropy-angle)
    • [Content] Update of the preview sphere with anisotropy and modified angle
    • [Content] Updated matFx shutline
    • [Content] New Texturing.XYZ seamless face scan
    • [Content] New anisotropic procedurals
    • [Content] New filter: baked lighting environment
    • [Content] New environment map: studio automotive neutral
    • [Content] New project template: PBR - metallic roughness Anisotropy angle (with anisotropy channels)
    • [Content] New project template: PBR - metallic roughness Coated
    • [SVT][Engine] Sparse Virtual Textures (SVT)
    • [SVT][Preferences][UI] SVT hardware support acceleration option
    • [SVT][Log] Additional information for Sparse Virtual Texturing feature (e.g. size disk)
    • [SVT][UI] Message window at start if size on disk too low for the cache
    • [SVT][Preferences][UI] Substance Painter global cache location
    • [SVT] New environment variable to specify the path of the cache of Substance Painter
    • [SVT] New environment variable to activate the SVT hardware support acceleration
    • [SVT] Detect sparse support by hardware
    • [SVT][Hardware Sparse] Raise minimum driver version for Nvidia GPU
    • [SVT][Shader][[Viewport][UI] Warn user if artefacts present with Sparse Virtual Texturing at project opening

Fixed: 

    • [Color Picker] Painting cursor appearing when trying to pick a color
    • Crash by Selecting or Unselecting layers in a specific order can lead to crash
    • Crash when pasting as an instance a layer with a mask
    • [User Channel][Regression] Crash when renaming user channel
    • [User Channel] Grayed brush preview
    • [Alembic] Only one texture set from several materials after import
    • [Engine] Exported texture differs from viewport for brush stamps
    • [Engine] Invert with a level effect does not fully affect a texture
    • [Material picker is applying a brush stroke while picking
    • Switching resolution to 128x128px leads to a crash
    • Mesh map links are not updated properly when rebaking or instancing layers
    • [Substance] UserData ColorSpace does not work on Baked Mesh Normal requested as input
    • MDL association mismatch when using multiple shaders instances
    • [Symmetry][Fill Layer] Symmetry plane and its manipulator active in Fill Layer
    • [Viewport] Pivot point for translation not always updated after clicking
    • [UI] Fixed icons and removal of placeholders for HDPI monitors

 

Known issues: 

    • Computation freeze on AMD VEGA GPUs
    • Huion tablet issue with shortcuts on Windows OS
    • Anti-aliasing and shadows when active together may give unexpected results

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ