Created on | Updated on
フォローする

Nuke 11.3v1リリースノート

Nuke 11.3v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS

  • macOS Sierra (10.12) or macOS High Sierra (10.13)
  • Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit)


新機能

Nuke11.3 OverView

 

拡張されたLiveGroup機能

LiveGroupを管理する場合、特に大規模なチームや複雑なパイプラインの場合には、新しい機能により大きなコントロールが可能になります。オーバーライドにより、ライブグループのバージョンアップ時にユーザーノブの値を維持できるようになりました。新しいロック機能により、前回の「ローカル作成」ワークフローの代わりに編集可能で編集不可能な状態が導入され、変更が加えられたときにより微妙なコントロールが提供されます。これらの機能の両方は、新しいUI表示と統合のための追加のPythonフックを導入します。

 

選択モード、バウンディングボックス、チャンネルUIのアップデート

Nuke 11.3ではUIのアップデートが行われ、バウンディングボックスのサイズに関する警告とチャンネル数がわかり、共通のパフォーマンスボトルネックの状態を一目でわかりやすく表示します。新しい選択モードでは、2Dビューや3Dビューでオブジェクトの領域を選択するためのオプションがアーティストに与えられます。 

Bounding box-ノードグラフを見て、境界ボックスの状態を一目で把握できるようになりました。異なる警告は、境界ボックスが不必要に大きい場所を理解させてくれてスクリプトのパフォーマンスを管理し効率を高めるのに役立つ是正措置を実行するのに役立ちます。

Selection modes-選択ツールは、新しいモードを含む3Dビューと2Dビューの両方で改良されました。ユーザーはマーキーツールを使用して特定の形状の領域を選択できるようになりました。また、ラッソツールを使用して形状のエッジをトレースして選択することもできます。追加のホットキーが追加され、ユーザーは中央から長方形または楕円の選択を引き出し、四角形または円形に制限することができます。

Channel Count UI-新しいチャンネル数の表示と警告により、誤ってNukeのチャンネル制限を超えることを避けることが容易になります。新しいチャンネル数がNuke and Nuke Studioのステータスバーに追加されました。EXRを読み込むと、プロジェクトあたりのチャンネル数の制限が1024に達したときに警告が表示されます。ユーザーは、プリファレンスでより低いチャネルしきい値を指定できます。

 

パーティクルシミュレーションのパフォーマンス向上

NukeXのパーティクルシステムは、パーティクルシミュレーションを最大6倍、パーティクルを4倍高速で再生するように最適化されています。私たちのテストでは、どんなスケールでも改善が見られ、より多くの粒子でシミュレーションが改善されました。カスタムパーティクルプラグイン開発者の場合、既存のコードはコンパイルされますが、新しいAPIを利用して同様のパフォーマンス向上の恩恵を受けることができます。詳細は、ドキュメントを参照してください。

 

Smart Vectorsワークフローのための新しいベクトルコーナーピン

新しいVectorCornerPinノードがNukeXのスマートベクトルツールセットに追加されました。このノードは、スマートベクトルを使用して、キーフレーム間のコーナ固定画像を歪ませます。ユーザーは、CornerPinノードの場合と同様に、 'to'と 'from'ノブを使用してキーフレームを設定できますが、キーフレーム間では追加Smart Vector入力に従ってソース画像が移動します。これにより、スマート・ベクトルのパワーを利用して要素の基本的な歪みを駆動すると同時に、特定の場所に要素を制限する高度な制御が可能になります。ベクトルコーナーピンを使用すると、異なる参照フレームを持つ複数のVectorDistortノードを作成してそれらの間でミックスする必要性を減らすことができます。

マルチビューステレオサポート 

新しいタイムラインマルチビューのサポートにより、Nuke StudioおよびHieroのタイムライン上で同じマルチファイルワークフローを利用できるようになりました。インポート時の%Vトークンのサポート、ビューの自動検出オプション、新しいプロジェクト設定とプリファレンス、ブレンドトラックのサポートと、適切なトラックにソフトエフェクトを自動的にコピーして追加する「スプリットビューからトラック」機能を備えています。また、レビューセッションをさらに簡単にするために、モニターアウトにフル解像度のステレオをサポートし、レンダリングに役立つ新しいエクスポートプリセットもサポートしています。

パイプラインの更新:ARRIとSony SDKとGPU

Nuke 11.3のパイプラインアップデート

人気のあるカメラとeGPUの最新バージョンをサポートするために、いくつかのアップデートを行いました。Sony RAW SDKはバージョン2.4から3.1にアップグレードされました。Sony VENICEカメラの映像、F5、F55、VENICEのX-OCNエンコード映像がサポートされるようになりました。ARRI SDKもバージョン6にアップグレードされました。また、Mac OS 10.13.5以降のeGPUセットアップでAMDカードのサポートが追加されました。Sonnet eGFX BreakawayボックスとBlackMagic eGPUはどちらもNuke 11.3でテストされています。

 

機能強化
• BUG ID 353412/371565 - ドキュメンテーション:DeepRead.cppとDeepRead.hが今ではNDKサンプルプラグインが含まれています。

 

上記以外の情報はNuke11.3v1リリースノートをご参照ください。
Nuke 11.3v1リリースノート

Nukeの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/nuke/download