Created on | Updated on

Redshift Version 2.6.30 リリースノート

* [Maya] XGenインタラクティブグルーミングスプラインのサポートが追加されました(Windowsのみ、LinuxおよびmacOSの問題に起因します)
* [Maya] 非インスタンサーパーティクルシステムの新しいネイティブスフィアプリミティブ(別名「new particle tech」)トランスレーションの変換
* [Maya] パーティクルAPIを介して直接速度をクエリするのではなく、 "velocityVector"と "angularVelocityVector"アトリビュートを使用するようにパーティクルトランスレーションを変更しました。
これは、 'Instance'モードでのMASHモーションブラーの初期サポートを提供し、Instancerに接続されたサードパーティノードが速度データを提供できるようにします。
* [Maya] Maya Fluidsに可視性フラグを追加
* [Maya] IPRモードでタイムスライダを変更したときのMaya Fluidsによるクラッシュを修正
* [Maya] レンダリング時にMaya Fluidsが正しい縮尺にならないという問題を修正
* [Maya] Maya Fluidsのレンダリング時にRSVolume以外のマテリアルを使用するとクラッシュする問題を修正
* [Maya] プロキシのファイルパスを指定する際の環境変数の使用を妨げるバグを修正
* [Maya]どのオブジェクトにもリンクされていないライトが「illuminate by default」を配慮しないバグを修正
* [Max] ジオメトリのマルチステップデフォメーションブラーサポートを追加
* [Max] Velocityチャンネル(3ds Max 2019)はデフォメーションブラーに使用され、Alembicの変形が可能
* [Max] ステップ数が2以上のモーションブラーでバンディングアーチファクトを発生させる問題を修正
* [Max]IPR中レンダリングビューのステータスバーにレンダリングの進行状況が表示されない問題を修正
* [Max] Redshift ConverterスクリプトがMaxインストールディレクトリにコピーされなかったインストーラの問題を修正
* [Max] デフォルトマップをパススルーとして接続することでRailClone Colorのサポートが欠落することへの回避策
* [C4D] BakeSetsと新しいBakeコマンドによるテクスチャベーキングのサポートの追加d.
* [C4D] MultiShaderのテクスチャを含むAsset Managerを改善
* [C4D] 間接的に参照されるマテリアルがRemove Unused Materialsコマンドによって削除される問題を解決
* [C4D] 「Include」モードでライト/オブジェクト除外の問題を解決
* [C4D] IPRがアニメーションテクスチャでライトを検出しない問題を解決
* [C4D] Asset ManagerのClear Filesコマンドの問題を解決
* [C4D] 特定の条件下で、マルチインスタンスが誤ったマテリアル割り当てを持つ可能性のある問題を解決
* [Houdini] サブネットインスタンスのサポートの追加、RS OBJスペアパラメータ、インスタンシングタブで有効にできる機能の追加
* [Houdini] RS ROPノードの新しいカメラオーバースキャンオプション
* [Houdini] 利用可能な最初のグリッドがシェーダーによって使用されなかったときのボリューム変換に関する問題を修正
* [Houdini] この機能が無効になっている場合は、volume scattering tintシェーダの抽出を修正
* [Houdini] サブネット内に含まれている場合、 "instancefile" preview SOPのクラッシュを修正
* [Houdini] 環境およびドームライトシェーダテクスチャマップの自動ガンマ補正
* [Houdini] 自動アトリビュート抽出コードに関連するマルチスレッドシーン抽出機能のクラッシュを修正
* [Houdini]複数のスレッドからの空のOBJノードの抽出に関連する稀に発生するクラッシュを修正
* [Houdini] ビューポートを更新せずに「Manual」更新モードでIPRレンダリングをサポート
* [Houdini] ブロック型SOPを使用して構築されたインスタンサーからのPacked Geoインスタンスのサポートの改善
* [Houdini] ROPノードのカメラ解像度オーバーライドの丸めを改善
* [Houdini] マテリアルスタイルシートグループの問題を解決
* [Houdini] H17.0.416用の新しいプラグインビルド
* [All] プロキシポイントクラウドインスタンス単位のユーザーアトリビュートデータが失われるバグを修正
* [All] 'Constant'時間パラメータが機能しなくなったRS Noiseシェーダのバグを修正
* [All] 「Vertex Attribute」座標モードを使用してランダムシードを駆動するときに、RS Noiseシェーダが黒色の結果を生じる可能性のあるバグを修正
* [All] マルチステップに関連するクラッシュバグを修正
* [All] 非表示のポリゴンを含むメッシュでテッセレーションが有効になっているとクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] エリアスプレッドを持つライトを使用したときに、グローバルボリュームスキャッタリングが発生する可能性のあるバグを修正
* [All] 1つの寸法が他よりもはるかに大きいテクスチャを処理するとクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] カラーアトリビュートを使用したボリュームグリッドに視覚的なアーティファクトを生成する可能性のあるバグを修正しました(スキャッタカラーまたは透過カラーの場合)
* [All] 'Min Pixel Width'を有効にして髪をレンダリングすると、目に見えるリンギングアーチファクトを引き起こす旧来のバグを修正
* [All] 強制的にEnvironment Rayが黒になる新しいAOVオプションを追加
* [All] AltusとOptiXはともに、RedshiftのGPU選択と同じGPUを使用します。 これにより、複数の同時レンダリングセッションを起動する際の関連する問題が解決されます
* [All] RS TextureSamplerノードを使用して、テクスチャファイルからPSDの「Layer」抽出をサポート

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ