Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.29 リリースノート

* [Maya] 太陽を移動するときにHosek-Wilkie skydomeの色が変わらない問題を修正
* [Maya] Maya Fluidsのサポートの追加
* [Maya] 長方形とディスクのシェイプ物理ライトにビューポートインジケータが追加
* [Maya] Redshift ShelfがロードされないMaya 2016の問題を修正
* [Max] Martin GeupelのRedshift Converter v0.25をビューポートのコンテキストメニュー経由でバンドル
* [C4D] RS Rampノードに 'Auto'入力選択オプションを追加。新しくデフォルトに設定
* [C4D]「Temperature and Color」モードを使用しているときにRSLightsのテクスチャが有効でない問題を解決
* [Houdini] RS Rampノードに 'Auto'入力選択オプションを追加。新しくデフォルトに設定
* [Houdini] 廃止予定のROPパラメータを管理し、警告メッセージを回避する新しいロジック。
* [Houdini]、IPRレンダリングを開始せずにフローティングRS RenderViewウィンドウを開く新しいHScriptコマンド "Redshift_openRenderView"
* [Houdini] RS ROPノードの[IPR]タブの新しいオプションを使用して、レンダリングを開始せずにRS RenderViewウィンドウを開く
* [Katana] RedshiftRenderSettingsノードのシステムタブにいくつかの「隠れた」テクスチャ関連のレンダリングオプションを追加
* [All] グローバル環境フォグの調整中にレイマーチボリューム周辺にダークハロが発生するバグを修正
* [All] メッシュライト、特にRoughness/Diffuse サーフェスでの複数の重要度サンプリングを壊し、結果的に暗すぎる照明が発生するするバージョン2.6.10で導入されたバグを修正
* [All] 広がりと全体的なボリュームの散乱を伴うエリアライトに影響を与え、黒いエリアをもたらす別の数学的エッジケースを修正
* [All] PSDテクスチャをレンダリングする際のOIIOクラッシュを修正しました(2.6.28でバグが導入)
* [All] OptiXバージョンを5.1.0に戻して、RTX / Turing GPUのサポートを元に戻しました
* [All] 「REDSHIFT_DEBUGCAPTURE」環境変数のサポートが追加され、個々のレンダーファームノードでのGPUクラッシュ情報の取得に利用可能