Created on | Updated on
フォローする

借用ライセンスを追跡する方法

借用ライセンスはネットワークライセンス(マルチユーザライセンス)からライセンスを借用しネットワーク外の環境へ持ち出すことができます。この借用したライセンスを現在どのユーザが Autodesk Network License Manager からライセンスを借用しているかを確認するには、いくつかの異なる方法があります。

ライセンスの借用については下記のページをご確認ください。

https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/115000763247

LMTOOLS を使用して借用ライセンスを追跡する

  1. ライセンス サーバで LMTOOLS を起動します
  2. [Server Status]タブをクリックします
  3. [Perform Status Enquiry]ボタンをクリックします。

これは、現在ライセンス サーバが提供しているすべてのライセンス、および現在ライセンスを使用中のユーザのリストを表示します。借用ライセンスを使用しているユーザには、そのライセンスに関連した追加の「linger」値が表示されます。linger ステートメントに続く数値は、ライセンスが自動的にライセンス プールに返されるまで、借用状態となる時間(秒単位)を示します。

次の例では、(linger: 651600)はライセンスが 651,600 秒またはおよそ 7.5 日間借用されたことを示します(linger 値を 86,400 で除算することで日数に変換)。

[Server Status]から任意のユーザの借用期間の残りの時間を確認することはできず、初期借用期間の時間のみが分かります。実際の借用期間の残りの時間は、ソフトウェアを開始するとき、またはライセンスを期限前に返却するときにのみ、クライアント マシン上で表示することができます。

注: 借用ライセンスに表示される開始日と時刻は、ライセンス サーバを再起動したときに常にリセットされます(ただし、linger 値は変更されません)。このため、借用期間を計算するために、[Server Status]内の開始日と時刻に依存しないように注意してください。

lmutil を使用して借用ライセンスを追跡する

また、lmutil ツールを使用して、同じ情報を取得することができます。

  1. ターミナル(Mac または Linux)、またはライセンス サーバのコマンド ウィンドウを開きます。
  2. Network License Manager がインストールされているフォルダにナビゲートします
  3. 次のコマンドを入力します。

    Windows:lmutil lmstat -a -c @YOUR_SERVER_NAME
    Mac/Linux:./lmutil lmstat -a -c @YOUR_SERVER_NAME

これにより、LMTOOLS で Status Enquiry を実行したときと同じ情報が表示されます。また、製品のフィーチャ コードを指定することで、特定のオートデスク製品の使用状況を確認することができます。たとえば、次の構文は、lmutil に特定のライセンス サーバをチェックして、Building Design Suite Advanced 2016 のフィーチャ コードを指定するように指示します。

./lmutil lmstat -c @Nostromo.local -f 86443BDSADV_2016_0F

前の lmutil ステートメントとは異なり、結果の情報は指定された製品のみの情報に制限されます。

参照ページ

https://knowledge.autodesk.com/ja/customer-service/network-license-administration/managing-network-licenses/license-borrowing/tracking-borrowed-licenses