Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.24リリースノート

Redshift 2.6バージョンでは、NVidiaドライババージョン390.65以降(Windows)、390.25以降(Linux)、および387.128以降(macOS)が必要です。

重要なC4D情報
このリリースでは、シェーダパラメータの基礎データに変更が導入されています。
古いシーンが検出されると、プラグインは必要なデータ変換を自動的に実行し、メッセージが表示されます。 そのシーンが保存されると、以前のバージョンのプラグインとは互換性がなくなります。 そのため、新しいバージョンのプラグインで使用する前にシーンのバックアップをとることをお勧めします。

* [Maya] Redshift Curve Setsによるカーブレンダリングサポートを追加
* [Maya] rsProxyコマンドに新しいフラグ-keepUnusedを追加しました。 設定すると、未使用の頂点属性(UVなど)が破棄されません
* [Maya] シーントラバーサルへの初回パスの最適化 - 複雑なシーンでのシーン変換時間の大幅な向上
* [Maya] 環境変数REDSHIFT_FORCEQUITONINTERNALERRORのサポートが追加されました。0以外の値に設定すると、レンダリング中に回復不能なエラーが発生した場合に強制的にクラッシュします。
* [Maya] カラーマネージメントを無効にしてOptiXを有効にしたMayaレンダリングビューを使用してレンダリングすると、ファイルに不正なガンマが適用されるバグを修正
* [Maya] 焦点距離が0の病的事例を防ぐためにDOF焦点距離を最小値0.0001にクランプ
* [Max] 改名され整理されたRedshift Materials / Mapsは、スクリプトを壊す可能性ががある https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/21338/
* [Max] iToo Rail Cloneインスタントジオメトリのサポートが追加
* [Max] レンダービュー用簡易スクリプトインタフェースを追加:詳細情報は 'showInterface rsRenderView'
* [Max] RS Bitmapプレビューがクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [Max] 2.6.23でRSカメラマップの作成がクラッシュするバグを修正
* [Max]ライトリストとトレースセットを適用するロジックのバグを修正。 詳細はこちらをお読みください: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/21251/#134106
* [Max] Exposure スピナーがPhysical、Portal、およびIESライトに負の値を許可しないという問題を修正
* [Max] レンダリング時にRS BitmapがビットマップをMaxにロードする潜在的なパフォーマンスの問題を修正
* [Max] ブレンドされたバンプマップシェーダーによってマップのミックス量が無視されるバグを修正
* [C4D] ShaderSwitchワークフローを簡素化するために、MultiShaderノードの初期実装を追加
* [C4D] テクスチャファイルを同等のrstexbinsに切り替えるためのAssetManagerへの実験コマンドを追加
* [C4D] Asset ManagerのUDIM / UVTILEファイルの処理に関する問題を解決
* [C4D] Allowed Oververeposposureパラメータでゼロの値が許可されていないCameraタグの問題を修正
* [C4D] TFDボリュームのスケーリングで不正確な結果が発生する問題を解決
* [C4D] ShaderGraph Editorで稀に発生するクラッシュの問題に対処
* [C4D] スペースを含むキャッシュフォルダがベイクしたテクスチャを間違った場所に配置するMacOSでの問題に対応
* [Houdini] 更新モードでシーケンスをレンダリングする際のボリューム更新のサポートが追加
* [Houdini] 「IPR Live SOP Level Updates」オプションに対処し、update scene renderingモードで設定されたROPノードでは機能しない
* [Houdini] IESライトインスタンスのレンダリング中の問題を修正
* [Houdini] $ AOV変数を使用した場合のマルチレイヤーEXR出力ファイルの問題に対応
* [Houdini] 新しいRedshift Instancefile Preview SOPノードにより、ビューポートで「インスタンスファイル」であるRS プロキシタイプインスタンスをプレビュー
* [All] Physical Skyシェーダーの「Hosek-Wilkie」スカイドームモデルのサポートを追加
* [All] 大きなdeepEXRファイルと「ストレッチされた」デプスデータを生成するモーションブラーされたカメラを使用した場合に発生するディープレンダリングのバグを修正
* [All] プロキシが球状のポイントクラウドを含みインスタンス化された場合、ポイントクラウドがレンダリングされないというバグを修正
* [All] オブジェクトスペースプロジェクションを行うシェーダでランダムなグリッチが発生する可能性のあるバグを修正(tri-planar など)
* [All] PRモードでレンダリングするときに新しいユーザーアトリビュートを無視するバグを修正
* [All] プロキシポイントクラウドプリミティブが「light linking」/「light mesh associations」の影響を受けないようにするバグを修正
* [All] RS Hairシェーダのプライマリ反射 'angular shift’'を無視した昔から存在するバグの修正
* [All] RS CmdLineツールを使用してレンダリングするときにCryptomatteマテリアル名を変更する可能性のあるバグを修正