Created on | Updated on
フォローする

Acrobat DC 2018年10月リリースの新機能

Acrobat DC(サブスクリプションモデル)に新機能が追加されました!

10月2日にリリースされた最新のAcrobat DCはクラウドベースの共有レビュー機能や「ドキュメントハブ」により、関係者が複数のデバイスを横断して場所を問わず効率的に文書業務を行うことを可能にし、PDFによるドキュメントコラボレーションを一新するものです。

また、Acrobat Reader DCの新機能、タブレット端末からの編集機能、そしてAdobe Acrobat DCにAdobe Sign機能が組み込まれたことにより、全く新しいモバイルPDFエクスペリエンスが実現します。

 

新機能

【クラウドベースの共有レビュー機能】

Acrobat DCのクラウドベースのレビュー機能「共有レビュー」を刷新してレビューを発信しやすくしたほか、Document Cloudのストレージを共有サーバーとして活用することで外部の関係者とも共有しやすくしました。また、ブラウザ上でも利用できるようにしました。
これにより、デバイスの種類やレビュー担当者の人数を問わず、いつでもどこでも文書を共有してフィードバックを収集できるようになります。
開封状況を確認したり、特定のレビュー担当者にPDFを送信したり、承認作業が期日内に行われるよう自動でリマインダー機能を設定することも可能になります。
複数のレビュー担当者が同時にPDFに注釈をつけられるため、迅速にフィードバックを得られると同時に、電子メールのやり取りが不要となり、文書業務プロセスが効率化します。

 

【ドキュメントハブ】

Acrobat DC、Acrobat Reader DC および Document Cloud Web のホーム画面のUIを「ドキュメントハブ」として刷新しました。
これにより、デスクトップのAcrobatと同じ操作性で過去に使用したPDFに加えて、共有レビューや承認プロセスも一元的に管理できるようになります。
また、Acrobat Pro DCを使うことで、スマートフォンやタブレット端末でPDFのレビューや編集をしたり、Webブラウザ上でコメントを追記することも可能になります。

adc-overview-feature-team-up-450x450-en-296x300.png

【タブレット端末によるPDFのタッチ編集機能】

新しいAcrobat Pro DCでは、iOS/Androidタブレット端末からのPDF編集が可能です。
PDF内のテキストの変更、書式設定、編集や、画像の追加、回転、リサイズなど、すべての作業をタッチ操作で行えます。

 

【場所を問わずに署名作業】

Acrobat DCの「署名用に送信」機能を電子サインサービス「Adobe Sign」に統一しました。
署名プロセスがAcrobat DCとAcrobat Reader DCのフロー全体に組み込まれたことで、いつでもどこでもデバイスを問わずPDF文書で電子サインを活用することができるようになります。

adc-overview-feature-sign-500x350-en-300x209.jpg

 

対象製品

Adobe Acrobat DC(サブスクリプション版製品)
※パッケージ版および、ライセンス製品への新機能の提供はございません。

 

Acrobat DC詳細はこちら