Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.22リリースノート

Redshift 2.6バージョンでは、NVidiaドライババージョン390.65以降(Windows)、390.25以降(Linux)、および387.128以降(macOS)が必要です。

* [Maya]wrapが無効になっているときにガベージアルファ値を引き起こす可能性のあるProjectionシェーダノードのバグを修正
* [Max] RedshiftがRS Vector Makerがサポートされていないと主張するエラーを修正
* [Max] Max display gammaがグラデーションUIコントロールに適用されないバグを修正
* [Houdini] グローバルオブジェクトの不透明度を設定するための "opacity" float detail level アトリビュートのサポート
* [Houdini] カスタムシーンマテリアルを設定してデフォルトオブジェクトのオブジェクトをオーバーライドするRS ROPノードの新しいオプション
* [Houdini] Fixed the volume contribution parameter in the default headlight
* [Katana] グローバルオブジェクトの不透明度を設定するための "opacity" float location levelアトリビュートのサポート
* [Katana] デフォルトヘッドライトでのボリュームコントリビューションパラメータを修正し
* [All] matte overrideが有効になっているときにパズルマットを追加するための新しいオブジェクトマットオプションが追加
* [All] 16ビットの符号なし整数テクスチャ形式のサポートが強化(ディスクとVRAMのスペースが少なくなりました)
* [All] セカンダリ/インダイレクトレイに対するライトグループのAOV寄与を減少させる2.6.21で導入されたバグを修正
* [All] メッシュライトからのフォトンライト方向を反転させるバグを修正
* [All] グローバルボリュームトランスミッションのテクスチャシャドウレイがぼやけてしまう可能性がる2.6.21で導入された問題が修正
* [All] OptiXのデノイザーでHDRを使用可能にしました。 この手段は、ノイズのないコントラストの高い領域周辺に「フリンジ」カラーアーチファクトが少なくなるか、またはなくなるはずです。