Created on | Updated on
フォローする

Mari 4.2v1リリースノート

Mari4.2v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
Windows 7 64-bit or higher
Linux 64-bit operating system (CentOS/RHEL 6)

注意Linux Desktop Manager:Mariは正式にGNOMEでテストされています。一般的にKDEのような他のデスクトップマネージャではうまくいきますが、ほとんどのバグ修正はGNOMEを対象としています。しかし、XFCEのような一部のデスクトップマネージャはMariと互換性がなく、サポートされません。

 

新機能

Mirror Projection
Mirror Projectionは、ご要望の多かった、UVレイアウトを必要とせずに対称的なペイントワークフローをMariに提供します。以前は、対称的に形成されたモデルの両面に同じデザインをペイントするには、多くの反復的なアクションを伴うかなりの量のアセット準備が必要でした。現在アーティストはミラープロジェクションの片面にペイントすることができ、ミラープロジェクションの反対側に同じペイントを投影し、アーティストの効率を劇的に向上させます。

Mirror Plane Masking
ミラープレーンマスキングは、鏡面を横切る二次的に投影されたペイントの重なりを防止します。ミラープレーンのマスクされた面は、アーティストの視点に基づいて自動的に変更されるか、片面にロックされます。通常、鏡面投影されたペイントは、一方の面が他方の面と合致する鏡面で重なり合って、非対称な中心になります。各プロジェクションに対して鏡面の反対側をマスキングすることによって、ペイントは完全に反射されたエッジにピタリと合います。

Mirror Plane Manipulation
ミラープレーンは、物体またはロケータにロックすることもでき、ミラープロジェクションの反射エッジを最良の対称位置および向きに操作することができます。通常、モデルを対称的にペイントするには、アーティストはまず、シーンの中心に正しく配置されていることを確認する必要があります。鏡面を操作するには、アーティストが他のアプリケーションで事前に準備をすることなく、対称的なペイントがされる場所を完全に自由にし、アーティストの効率とクリエイティブコントロールを向上させます。

新機能紹介ビデオ

 

機能強化

TP 354956 - プロジェクトコントロールツールバーに含まれているペイントバッファの対称ミラーオプションの名前が変更されました。現在は、ミラーペインティングオプションです。

TP 279109 - 互換性のないバージョンのMariでプロジェクトを開くと、バージョンの非互換性に関するエラーメッセージが表示されるようになりました。

 

本文はMari4.2v1リリースノートをご参照ください。
Mari4.2v1リリースノート

Mariの最新バージョンのダウンロードは下記のページから可能です。

https://www.foundry.com/products/mari/download