Created on | Updated on
フォローする

Substance in Maya:カスタムワークフロー

レンダラーを操作するには、カスタムモードを使用する必要があります。 これにより、有効にした各出力に対してSubstance Outputが作成され、自動的にマテリアルを作成することはありません。 Automatic Connectionsを有効にして、キャッシュされたテクスチャがノードエディタに追加されるようにすることが重要です。 このキャッシュされたテクスチャを任意のマテリアル入力に接続できます。 次の例は、Arnoldなどのレンダラーを操作する方法を示しています。

  1. Arnol surface マテリアルまたは作業したいマテリアルを作成
  2. Substanceテクスチャノードを作成し、モードを「Custom」に設定
  3. Automatic Connectionsを有効
  4. Base Colorのような必要な出力をクリック
  5. キャッシュされたテクスチャノード(Maya File Textureノード)をマテリアル入力に接続

maya__2_.png