Created on | Updated on

Substance in Maya:プリファレンス

Maya UIの上部にあるSubstanceメニューのグローバル設定にアクセスできます。

 

  1. Workflow:Substance作成時のデフォルトワークフローの設定に使用します。
  2. Connections and caching(接続とキャッシュ作成):Automatic Connectionsを有効にするとベイクしたきテクスチャがSubstanceテクスチャに接続されます。 ベイクテクスチャのバージョンは、Substanceエンジンによって更新することができます。 ベイクされたSubstanceテクスチャは、Arnoldレンダラなどのvram Substanceテクスチャ出力をサポートしないレンダラに接続できます。

    a:Bake Format(ベイクフォーマット):画像がベイクされるファイル形式。
    b:Output Cache(出力キャッシュ):キャッシュされた画像を保存する場所を設定します。 None、Mayaプロジェクトフォルダまたはカスタムフォルダを選択できます。  

 

prefs.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ