Created on | Updated on
フォローする

Houdini TerrainをUnreal4のLandscapeで使用する(Houdini Engine使用)

HoudiniのHeightFieldで作成した地形をHoudini Engineを使用することで簡単にUE4のLandscapeとして表示することが可能です。

まずは、HoudiniのHeightFieldを使用して地形を作成します。

お勧めのチュートリアルは以下になります。

 

GREEN MOUNTAINS - TERRAIN OVERVIEW

地形を作成したら、必要なノードを全て選択しCreate Subnet from Selectedをクリック。
1つのサブネットにまとめます。

ランドスケープをUE4に持ち込むには、Houdini Digital Assetを作成します。 UE4用にHoudiniEngineプラグインが正しく設定されている場合、このアセットをUnrealEditorにロードして、適切なUE4 Terrainにすることができます。

新しいサブネットを右クリックし、[Create Digital Asset]を選択します。

  • Operator Name をterrain に設定し、Operator LabelをTerrainに変更します。
  • Save to Library存の右端にあるボタンをクリックします。
  • Locationsのサイドバーで$ JOB /をクリックし、hdaディレクトリをダブルクリックします。 ファイル名として「terrain.hda」と入力し、「Accept」を押してから、「Accept」を再度押してアセットをディスクに保存します。 Edit Type Propertiesウィンドウが開きます。 「Accept」をクリックしてこのウィンドウを閉じます。

これでHDAを作成することができました!

Unreal Engine 4を開き、メインパネルから[新規プロジェクト]タブをクリックし、[Third Person ]を選択します。 プロジェクトの作成をクリックします。

開いたら、元々用意されていたジオメトリを全て削除します。

インポートをクリックし、作成したHDAをロードします。
Houdini Engineがインストールされていて、Houdini Engineのライセンスが使用できる状態だと読み込んだHDAのアイコンがHoudiniアイコンに代わります。

ビューポートにドラッグすると、Houdini Engineでクックされ

Terrainが生成されました。

Outlinerを確認するとLandscapeとして作成されていることがわかります。

Landscapeを選択し、Materialの割り当てを確認します。

SubstanceプラグインをインストールしているのであればSourceをクリックし、Included with UE4から適用してみたいSubstanceをクリックしてみてください。

ダウンロードが完了したらLandscape Materialに適用してみます。

 

TextureCoordinateを作成し、各テクスチャのUVに接続、その後、UTilingとVTilingの数値を調整することも可能です。

良い感じなりました。

プレイを押して、キャラクタがLandscapeに沿って移動することを確認してみましょう。

Houdini TerrainツールとHoudini EngineがあればHDAでそのままTerrainをLandscapeとして読むことができるのでとても便利ですね。