Created on | Updated on
フォローする

Substance Painter 2018.1 - 2018.1.3 リリースノート

主要機能

新しいインタフェースと動作

Substance Painter 2018.1では、色やアイコン、ウィジェットの動作まで、インタフェースの完全に生まれ変わりました。

  • 新しいインターフェイスは、新しいデザインの導入にフォーカスを合わせ、みやすく、ナビゲートに煩わしい操作は必要ありません。
    全アイコンをもっと明瞭化に取り組みました。 更に、一貫した配色に修正しました。


  • 多くのウィジェット、特にスライダーがタブレットペンで使いやすくなっています。
    バーをクリックしてスライダを移動するか、値フィールドを使用して数字をより正確に編集することができます。
     

  • Dockをすぐに開閉可能な新しいツールバーをご用意いたしました。
    ツールバーのボタンの1つをクリックすると、残りのインターフェースの上にフローティングで表示されるか、または そのボタンの横にDockが表示され、ボタンを再度クリックすると閉じます。
    Dockがボタンから離れると、ドッキングはインターフェイスにドッキングできる通常のフローティングウィンドウになります。 閉じた場合、ボタンはDockツールバーで再び利用可能になります。
    この新しいドッキングシステムはフルスクリーンでの作業をより簡単にします。 インターフェイス内にすべてのドックが常に存在する必要はありません。


  • Dockは新しいタブレイアウトを使用して、項目をセクションに整理しながら、内部で素早くスクロールすることができます。タブレイアウトでは大きなウィンドウが表示され、情報を非表示にする通常のタブシステムとは異なり、すべての情報を同時に表示できます。


  • クイックメニューが追加され、ツールのプロパティをビューポートで直接利用できるようになりました。クイックメニューを開くには、ビューポートを右クリックします。 クイックメニューを閉じるには、ビューポートでもう一度クリックします。
    メニューは、ビューポートをクリックすると閉じられ、シェルフから直接クイックメニューにリソースをドラッグアンドドロップできます。


  • ビューポートの上部に新しいコンテキストツールバーが追加されました。
    このツールバーは、現在使用されているツールに応じてパラメータを変更します。 これは、基本的なツール機能(ブラシサイズなど)に素早くアクセスする方法です。


  • レイヤースタックにてドラッグアンドドロップを使用してエフェクトの順序を変更することが可能になりました。


  • ショートカット "C"と "B"を使用すると、チャンネルとBakedテクスチャをビューポートにすばやく表示できますが、統合されたドロップダウンを使用してビューポートの表示を変更できるようになりました。ビューポートの右上には、すべてのチャンネルとメッシュマップ(以前の追加マップ)のリストが表示されます。 この統一されたドロップダウンは、Display Settingsドックでも利用できます。


  • 表示設定とビューア設定が1つのDockに統合されました。
    Environment、Camera、Viewportの設定はグループ化され、Shadersのパラメータは専用のDockに移動しました。
    ディスプレイ設定では、新しいタブレイアウトを利用してウィンドウをすばやく移動できます。

マテリアルとスマートマテリアルをビューポートにドラッグ&ドロップ

マテリアルとスマートマテリアルをビューポートに直接ドラッグ&ドロップ可能です。
この新しいアクション実行時、ターゲットテクスチャセットのジオメトリを強調表示します。 この操作は、テクスチャセットのレイヤースタックの最上部に新しいレイヤーを作成します。

タブレットペンの動作を改善

このバージョンでは、特にSubstance Painterの負荷が高い場合に、グラフィックタブレットのペンの動きや入力を処理する方法を改善しました。連続的な計算をしている最中でも入力を失いません。 これにより、どんな状況でも正確なブラシストロークが可能になります。

改善された継ぎ目パディング

UVアイランドの外でパディングを生成する方法を修正しました。カレントピクセルを取得し、それを特定の距離に拡張する代わりに、UV継ぎ目の反対側にある隣接するピクセルを探し、2つの値を補間します。これにより、テキストの比率が一致しなくても、UVアイランド間の分割の可視性が大幅に改善され、結果が大幅に改善されます。

この新しいパディングは、ブラシストローク、解像度の変更、またはレイヤーの変更後に自動的に生成されます。

改善されたパフォーマンス

このバージョンでは、複数のレベルでパフォーマンスを改善しました。

  • プロジェクトを開く時と保存は以前よりも少し速くなりました。
    私たちはペイントデータをエンコード/デコードする方法を修正しました。 これは特に、多くのペイント情報(ブラシストローク)を持つプロジェクトに影響します。
  • 現在、メッシュを持つ多くのサブオブジェクトをサポートしています。Substance Painterに読み込む前に、メッシュを1つにまとめることは必須ではありません。 パフォーマンスは、プロジェクト内に8000個のサブオブジェクトを持った場合でも良好な状態を保つはずです。
  • ペイント時にGPUの負荷を軽減するために、ビューポートをリフレッシュする方法を変更しました。イメージ全体を更新するのではなく、現在作業している小さな領域を更新することになります。それほどパワフルでないGPUや、シェーダでサンプル数を多く使用すると、その違いを感じることができます。
  • アプリケーションを起動するときに、シェルフシステムのリソースをすぐに確認可能になりました。
    ビットマップが埋め込まれたSubstanceは、発見するのが2倍高速です(非固体としクックした場合)。 プリセットにも改善が見られるはずです。

グローバルシーンポジションベイカー

シーン全体のサイズを考慮したテクスチャセットごとのポジションマップを作成する新しい設定をご用意いたしました。
この新しい動作では、以前のようにシームを作成するのではなく、シーン全体で一致するマスクジェネレータで3面投影を使用することができます。 これは、(UDIMベースのプロジェクトのような)多くのテクスチャセットを持つプロジェクトではとても便利です。

ポジションベーカーの設定で、パラメータ "Normalization Scale"を "Per Material"から "Full Scene"に変更して、この新しい動作を有効にします。

新しいコンテンツ

このリリースでは、新しいコンテンツも追加しました。

  • 新しい3Dノイズ
    Substance Designerから直接インポートされた4つの新しい3Dおよび完全にシームレスなノイズがデフォルトシェルフに追加されました。これらの新しいノイズは、縫い目なしで結果を生成するためのプロジェクトのポジションマップに依存しています。

  • 非正方形ノイズ
    Substance Designerからベース・ノイズが最新バージョンに更新されました。
    これは、非平方拡張機能がノイズパラメータで利用できるようになったことを意味します。
    注!:2Dビューでは、非正方形の解像度が現時点では四角形として表示されます。

  • 新しいマスクジェネレータ「3D Linear Gradient」
    この新しいマスクジェネレータを使用すると、3D空間内の任意の方向リニアグラデーションを作成できます。方向は2つの3D位置で定義することができ、ポジションマップ上で直接選択することができます。
    サンプル

    1. レイヤーの1つにマスクジェネレータ3Dリニアグラデーションを作成する
    2. ビューポートの表示を「Position」に切り替えます(ビューポートのドロップダウンまたは「B」キーを使用して)
    3. 「3D Position Start」パラメータをクリックして、カラーピッカーポップアップを開きます
    4. ビューポートでメッシュの色を選択する
    5. 2番目のパラメータ"3D Position End" に対してプロセスを繰り返します。
    6. 新しいテンプレートLens-studio(Snap Chat 3D app )。
      Snapによって作成されたLens-Studioアプリケーションを対象とするプロジェクトを簡単に作成するための新しいテンプレートが用意されています。
      専用のシェーダとエクスポートプリセットも使用できます。 Lens Studioの詳細については、以下を参照してください。https://lensstudio.snapchat.com/
    7. スマートマテリアルとスマートマスクは最新版のマスクジェネレータで更新されました。スマートプリセットはすべて、アンカーポイントで使用できるマイクロディテール機能をサポートしています。

新しいサンプルプロジェクト

"File> Open Sample"メニューアクションで開くことができる "TilingMaterial"という名前の新しいサンプルプロジェクトが作成されました。
このプロジェクトでは、重なり合ったUVを持つシンプルな平面メッシュを使用して、マテリアルやブラシストロークをシームレスにペイントしてタイリングマテリアルを作成できます。

チュートリアル

Substance Academyに新しいインタフェースをカバーするための新しいチュートリアルコースが追加されました:Getting started with substance painter 2018

 

リリースノート

2018.1.3

(Released June 28, 2018)

Added:

  • 要約:修正プログラム
  • [Preferences] ペインタの再起動時にプロジェクトを保存するように提案

Fixed:

  • [Plugin] Substance Sourc検索が動作しない
  • [Smart Materials] スマートマテリアルをインポートするとクラッシュする場合がある
  • [Smart Materials] ]スマートマテリアルを削除するとクラッシュする場合がある
  • [Save] 稀に発生するケースで、保存するとクラッシュする
  • [Shelf] Invertがセル2とセル3で機能しない
  • [Shelf] いくつかのアルファのタイプミス
  • [Shelf] 一部のSubstanceマテリアルが適切にレンダリングされない

Known Issues:

  • AMD VEGA GPUでの計算フリーズ

2018.1.2

(Released June 6, 2018)

Added:

  • 要約:改良されたベーキングスピード、改良された保存システム、スライダの更新、プラグインAPIの更新、中国語の翻訳、改良されたパディング
  • [Bakers] 新しいベイカーバージョンによるパフォーマンスの向上
  • 互換性のないGPUによる強制的な表示ダイアログ
  • [Save] 新しいコンパクトプロジェクト機能を公開(フル/コンパクトセーブモード)
  • [Save] エラーが発生した場合にユーザーに通知
  • [Clean] 次にフル/コンパクトモードで保存する
  • [Sliders] カラー/グレースケールバーとスライダの精度向上
  • [Sliders] 上/下矢印コントロールの追加
  • [Sliders] Sカラーバーとグレースケールバースライダの検出ゾーンが同じ
  • [Plugin] ]常にインクリメンタルモードの自動保存
  • [Plugin] プラグインを新しいインターフェーススタイルに切り替えるオプション
  • [Language] 中国語翻訳を追加
  • [Padding] テクスチャセット設定でテクスチャセットごとにUVと3Dのスペース隣接パディングを切り替えるオプション
  • [Script] 保存モードを公開:フル/コンパクトまたはインクリメンタル
  • [Script] スクリプト/ QMLドキュメントの更新
  • [Log] ログに保存モードを表示(フル/コンパクトまたはインクリメンタル)

Fixed:

  • [Tool] チャンネルスロットは、シングルチャンネルフィルでマテリアルスロットに変換
  • マテリアルが割り当てられていない面があるメッシュ(FBX)をロードするとクラッシュ
  • 仮想マシン上のNVIDIA GRID 5.2でIrayのクラッシュ
  • マテリアルプリセット削除をUndoするとクラッシュ
  • 一部のプロジェクトを読み込む際にクラッシュ
  • [Command line] UDIMの新しいコマンドラインudimsplit-by-udim
  • [Toolbar] ツールバーの縮小
  • [Instancing] 複数のテクスチャセットにわたってビットマップをインスタンス化できない
  • [Viewport] タイル状のUVでメッシュにペイントするときに、リフレッシュが完了しない
  • [Iray] Normalマップは誘電体に2回適用される
  • [Shelf] Substanceの一部のパラメータ(アルファ、プロシージャル、およびマッチ)のタイプミス
  • [Shelf] ビットマップ"Authorized Personnel Only"のタイプミス
  • [Script] 関数alg.shaders.materials()が最早動作しません

Known Issues:

  • AMD VEGA GPUでの計算フリーズ

2018.1.1

(Released April 3, 2018)

Fixed:

  • [Tablet] デフォルトのインタラクションの選択肢を変更するときの問題
  • [Bakers] Assimpライブラリでクラッシュする
  • [Bakers] A.Oマップによるパフォーマンスの回帰
  • [Iray] レンズ歪み(Lens Distortion )がアルファチャンネルに適用されない
  • [Drivers] 最小ドライバ要件の更新
  • [3Dview] 線情報のないUDIMメッシュで法線が正しく生成されない
  • [Intel] Substance Painter 2018.1.0でクラッシュ
  • [Intel][Viewport] パディングに関する問題(黒いアーティファクト)

Known Issues:

  • AMD VEGA GPUでの計算フリーズ

2018.1

(Released March 15, 2018)

Added:

  • 全体的な新しいスタイル(アイコン、色、動作)
  • 新しいデフォルトレイアウト
  • [Tablet] ペイント中のユーザーエクスペリエンスの向上
  • [Main menu] ビューとツールバーのネイティブアイテムを最初にソート
  • [Main menu] ビューポートセクションでクイックマスクアクションを移動
  • [Main menu] 右クリックアクションをビューポートセクションに移動
  • [Main menu] "View"メニューの名前を "Window"に変更
  • [Quick menu] ビューポートを右クリックして新しいツールプロパティを表示
  • [Dock widget] 素早く削減/リコールできる新しいドックツールバー
  • [Display settings] カメラとビューアの設定ウィンドウが結合
  • [Layer stack] コンテキスト右クリックメニュー
  • [Layer stack] ドラッグ&ドロップで、同じレイヤー内のエフェクトを移動
  • [Toolbar] ツールバーと新しいコンテキストツールバーの再編成
  • [Tools toolbar] クローンツールを2つのツールに分割
  • [Tools properties] プレビュー中明るいグレースケールの背景
  • [Tools properties] タブ内の統合(塗りつぶしとツール)
  • [Tool] 塗りつぶし結果がステンシルと一致
  • [Viewport] 塗りつぶしレイヤーの新しいカーソル
  • [Viewport] よりスムーズなナビゲーションとペインティング(より高いフレームレート)
  • [Viewport] ビューポート内のマテリアル/チャンネル/マップ選択コンボボックス
  • [Viewport] 回転中にちらつきを軽減(シャドウ有効)
  • [Shelf] Painterを開いたときにデフォルトで素材マテリアルを表示
  • [Shelf] Substanceテクスチャとマテリアルの読み込み時間の改善(2〜6倍速く)
  • [Shelf] Substance Source構造に合わせてMaterialsフォルダを再編成
  • [Shelf] ビューポートのメッシュ上に直接ドラッグ&ドロップ
  • [Shelf] 新しい3Dノイズ(Perlin、Perlin Fractal、Simplex、Worley)
  • [Shelf] メッシュ位置を使用した新しい3D Linear Gradientマスクジェネレータ
  • [Shelf] 非正方形展開をサポートするベースノイズを更新
  • [Shelf] Lens Studio(Snapアプリケーション)の新テンプレートとエクスポートプリセットを追加
  • [Shelf] スマートマテリアルとスマートマスクを最新版のマスクエディタ(マイクロディテール)を使用するように更新
  • [Shelf] シームレスなタイルマテリアルを作成する新しいサンプルプロジェクト "TilingMaterial"
  • [Shelf] 新しいブラシプリセット (Calligraphy, Wet, Hatching and so on)
  • [Sliders] 新しいスライダとグレースケール/カラーバーのスタイルと動作
  • [Bakers] 完全なシーンバウンディングボックスを使用してポジションマップを計算
  • [Shader] デフォルトのシェーダパラメータからHeight Forceパラメータを削除
  • [Engine] Substance エンジンの更新
  • [Engine] UVチャンク間の不連続性がない(新しいシームパディング)
  • [Plugins] Substance Sourceからダウンロードしたマテリアルをより迅速にインポート
  • [Plugins] すべてのプラグインを更新して、新しい全体スタイルに一致
  • [Preferences] 背景色が自動的にプレビュー
  • [Clean] プロジェクト破損のリスクを低減
  • [Open] プロジェクトオープン時間の改善
  • [New project] 新規プロジェクト - メッシュ更新時間の改善
  • [Save] プロジェクト保存時間の短縮
  • [Log] ログに記録されたライセンスの種類
  • [TextureSet] "Bake Textures"ボタンの名前を "Bake Mesh Maps"に変更
  • 「Additional maps」の名前を「Mesh maps」に変更

Fixed:

  • [Viewport] 多くのサブオブジェクトを含むメッシュの悪いパフォーマンス
  • [Tools properties] 画像をドラッグしてマテリアルスロットにドロップすると、チャンネルが無効になる
  • [Tools properties] ブラシプレビューは、smudgeやtoolsにより壊れる
  • [Texture set] テンプレートを使用するとチャンネルの順序が不正確
  • [Shelf] グレースケール変換ジェネレータのアイコンがない
  • [Shelf] Sign Circle Numberアルファが壊れています(フォントがありません)
  • 起動時の統合GPUの不正検出
  • [Crash] # characterで命名されたインポートリソースをドラッグ&ドロップ
  • [Engine] 統合されたGPUでのVram検出の問題
  • [Engine] Substance Engine Linkerで数多くのクラッシュを修正
  • [Engine] 解像度を変更するときの四角形アーティファクト
  • [Post Effects] ポストエフェクトをオンにすると、インターフェイスのサイズ変更が遅くなる
  • [Bakers] シーン単位がレイ距離値に対して正しく尊重されていない
  • [Bakers] AO from Mesh Occluder の距離は、入力値に関係なく1にクランプ
  • [Bakers] Match by name が特定の名前のメッシュを無視
  • [Bakers] メッシュPolygroupの色とSubmesh IDの設定は常に黒の画像を返す
  • [Bakers] BlenderのバイナリFBXメッシュでIDベーキングが失敗する
  • [Shader] dota-2とpbr-spec-glossを使用した2Dビューのノイズ
  • [Linux] ベーキング時にCPUスレッドを1つだけ使用
  • [MacOS] ブラシカーソルがビューポート上を移動するとクラッシュ

Known Issues:

  • AMD VEGA GPUでの計算フリーズ
  • IRay(アルファチャンネル)でエクスポートする際のDistorsion Post Processは考慮されていません