Created on | Updated on
フォローする

Houdini Terrain上に配置したポイントデータのアトリビュートを編集

前回ご紹介した「Houdini Terrain上にインスタンスをセットアップし、UE4でプロップと置き換える」の続きになります。

現在の状態を確認します。

ランドスケープ上の木がそれぞれ異なった方向(ランドスケープの方向)を向いています。
木は土地に対して垂直ではなく、太陽や空の方向に向かって成長していきます。
そのため、方向を少し変更してみましょう。

Heightfield ScatterとCopy to Pointの間にpointノードを追加します。
これは実際にはAttribute Expressionを作成します。

AttributeをNormalに設定し、VEXpressionをConstant Valueに設定します。
これでConstant Value値を設定できるのでYを1に設定します。

これで正しい方向を指定することができました。

さらに大きさをランダムに設定できるようにします。

pointノードの下にAttribute Randomizeノードを追加します。

Attribute Nameをpscaleに設定し、Dimensionsを1に設定、Min ValueとMax Valueに任意の値を設定してください。

Houdini TerrainのHDAを右クリックして、Save Node typeにてHDAを保存します