Created on | Updated on
フォローする

Apple MacOS 10.14(Mojave)でOpenGLとOpenCLを非推奨になることについて

概要
この記事では、AppleによるOpenGLとOpenCLの非推奨の発表がどのようにしてFoundry製品に影響を与えるかについて説明します。


詳細
Apple はOpenGLとOpenCLを非推奨にすると発表しましたが、どちらも今後のmacOSバージョン10.14(Mojave)で動作し続けます。

また、廃止予定の APIは最終的にはオペレーティングシステムの将来のバージョンから完全に削除される可能性があると述べてい ます。

macOS 10.14以降、 Apple は、ネイティブGPU処理フレームワークではなく、ゲームとグラフィックスを大量に使用するアプリケーションを推奨しています。

現在、macOSは最新のMacマシンでOpenGL 4.1をサポートしております、各Foundry製品のOpenGL要件は以下のとおりです。

Nuke / NukeX / Nuke Studio / Hiero / CaraVR - OpenGL 2.0
Mari - OpenGL 3.2+(またはプレースメントプレビュー用の4.0+)
Modo - OpenGL 3.2
Colorway - OpenGL 3.2

注: Katanaは現在macOSをサポートしていません。

FOUNDRY製品はまだMACOS 10.14で動作しますか?
MacOS 10.14に対するAppleの非推奨警告は、OpenGLとOpenCLがAppleからの開発をほとんどまたは全く行わないことを意味しますが、今後のMacOS 10.14バージョンにはAPIが存在します。

これらのAPIが完全に削除される時期、またはmacOS 10.15以降で利用可能になる時期は決まっていません。

私たちのプロダクトチームは、macOS 10.15以降をサポートするためにどのような変更が必要かをすでに検討しています。

アプリケーションのOpenGL / CL要件、10.14のOpenGL / CLの品質、10.15以降の可用性のレベルによっては、OpenGL / OpenCLを含むサポートされているバージョンのMacOSを利用することをお勧めします。 

 

FOUNDRY製品は今後METALをサポートする見込みですか?
OpenGLとOpenCLが廃止され、ある時点でmacOSから削除されることを考えると、GPUグラフィックスをサポートするために直接的または間接的にMetalを使用し、コンピューティングが必要になります。

これに必要な変更は些細なものではなく、最善の方法を選択するための選択肢を検討しています。

当社の製品はOpenCL / OpenGL依存度が様々であり、そのようなサポートの開発スケジュールは当社の製品によって異なることにご注意ください。

 

この記事はFoundryサポートサイトで原文を確認することができます。

Q100421: Apple deprecating OpenGL and OpenCL in macOS 10.14 (Mojave)