Created on | Updated on
フォローする

CaraVR 2.1v2リリースノート

Mari2.1v2でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS 
  
 
Nuke Version Platform
  Mac OS X/macOS  Windows (64-bit) Linux (64-bit)
10.5v6以上 10.9 (Mavericks)  Windows 7 CentOS/RHEL 5
  10.10 (Yosemite) Windows 8 CentOS/RHEL 6
11.1v1以上 10.12 (El Capitan) Windows 7 CentOS 6
  10.13 (High Sierra) Windows 10 CentOS 7
11.2v1以上 10.12 (Sierra) Windows 7 CentOS 6
  10.13 (High Sierra) Windows 10 CentOS 7
 
 
 
新機能

このリリースでは、すべてのプラットフォームでNuke 11.2のサポートが追加されました。

 
機能強化
 
このリリースでは機能強化のアップデートはありません。
 
バグの修正
•BUGID 335187 - C_RayRender:球面投影モードでステレオスキャンを有効にするカメラから1000ユニット以上離れた遠方物体の出力。
•BUGID 346933 - C_GlobalWarp:C_Stitcherの出力をC_下流に再描画するGlobalWarpは画像を間違って歪ませることがありました。
•BUGID 353462 C_CameraSolver:2つ以上のC_CameraIngestノードをC_CameraSolverはスクリプト内のビューの数を正しく複製できませんでした。
•BUGID 356118/357103 - toolset:時折、WarpおよびWarp_And_Stitch toolsetsを開くとNukeが応答しなくなったりクラッシュしました。
•BUGID 356259 - C_Stitcher:保存されていないスクリプトでConvergeコントロールを手動で調整する
と時折Nukeがクラッシュしました。
•BUGID 357302 - C_GlobalWarp:リグローテーションメタデータが常に下流に正しく渡されるとは限りませんでした。
•BUGID 357733 - C_DisparityGenerator:C_DisparityGeneratorノードが誤ってスクリプトに挿入されました。
•BUGID 357727 - toolset:Warp_And_Stitchツールセットがキーフレームを自動的にC_Stitcherに通しませんでした。
 コントロールの値ですべてのカメラコントロールをオーバーライドさせました。
 
既知の問題
 
インストール
Windowsのみ:CaraVRバージョンフォルダが存在する場合は、インストール前に削除します。
フォルダの場所:
C:\Program Files\Common Files\Nuke\<nuke_version>\plugins\<caravr_verion>\
たとえば、CaraVR 2.1の新しいバージョンをインストールする場合は、インストール前に下記のフォルダを削除します。
C:\Program Files\Common Files\Nuke\<nuke_version>\plugins\2.1\

Stitching
•Nukeの3Dシステムの投影では、本質的に180°のフィールドに制限されている直線的なビューの映像が予期されます。 結果として、投影に依存するC_CameraSolverの手動3Dワークフローは、
Nokia OZOのような180°より広いレンズで撮影された素材から中心の180°を投影します。
•BUGID 232523 - C_ColourMatcher:カーブ内の複数のカメラのコントロールキーフレームを取得する
エディタはキーフレームとして認識されません。
 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。