Created on | Updated on
フォローする

GAME TOOLS | MARMOSET TOOLBAG ROP

この記事はこちらを元に作成しました。

Marmoset Toolbag ROP Houdiniデジタルアセット(HDA)は、Houdiniから.mview形式、またはフレームレンジで指定した画像としてジオメトリおよびシェーダをレンダリングできる新しいROPです。 これにより、ユーザはリアルタイムPBRレンダラを使用してHoudiniで作成されたジオメトリとシェーダを瞬時に確認することができます。 このツールは複数のパラメータを備えており、多数のアプリケーションに対応できます。 このツールを使用するには、Marmoset Toolbag 3ライセンスが必要です。

最新のGameDevelopmentToolsetをダウンロード、インストールすることで使用可能になります。

このツールを使用するには、有効なバージョンのMarmoset Toolbag 3が必要です。

 

一般設定

[Rendering Settings]タブは、ツールバーのレンダリング処理に使用するカメラとジオメトリを指定できます。 フレームレンジ設定は、現在のバージョンでは、静止画像のレンダリングとシーケンスフレームにのみ効果があります。 mviewビューアで使用されるアニメーションを制御することはできません。

「General Settings」タブでは、「Use Custom」切り替えスイッチを有効にすると、ユーザーはToolbagに含まれる背景プリセットを制御したり、カスタム画像を使用することができます。 Marmosetパラメータは、マシン上で実行可能なtoolbag.exeを設定する必要があります。 デフォルトのインストール場所を確認してください。つまり、Toolbagが他の場所にインストールされた場合、変更する必要があるということです。

MViewの生成

HDA出力モードの1つとして、MViewエクスポートがあります。 このモードでは、Houdini内からMViewの生成が可能です。 目的の出力パスを設定し、レンダリングします。

「Open Marmoset Viewer after Export(Export Marmoset Viewerをエクスポート後に開く)」切り替えスイッチに応じて、Houdiniは新しく生成されたMViewファイルも開きます。 生成されたMViewは、たとえばArtStationなどにアップロードできます。

 

Image / Sequence Render

このHDAの2番目の出力モードはImage Renderです。 このモードでは、指定された入力に基づいてMarmoset Toolbagでイメージとイメージシーケンスをレンダリングできます。 ユーザーは、使用するカメラを指定する必要があります。 (デフォルトビューで結果は何も表示されません)そしてレンダリングするジオメトリが必要となります。

ユーザーは、解像度、サンプリング量、背景の透明度、フレームレンジなど、レンダリング設定をコントロールすることも可能です。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。