Created on | Updated on
フォローする

HQueue+Redshiftで発生するエラー

HQueueにてRedshiftをレンダリングするにはいくつかの注意点があります。

1.HQueue実行アカウントにてプラグインがロードできているか?

Hqueueを実行するアカウントにて、Houdini non-GUIツールからRedshift plugin libを初期化できるか確認する必要があります。

この場合、HQueueからRedshiftジョブを送信しても、レンダリングが実行されません。この時、下記のようにRedshift関連のノードがみつからないといったエラーが表示されます。

Error:    Bad node type found: redshift_material in /shop/rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1.
Warning:    Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/redshift_material1
        Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/redshift_material1
        Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/redshift_material1
Error:    Bad node type found: redshift::Architectural in /shop/rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1.
Warning:    Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/Architectural1
        Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/Architectural1
        Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/Architectural1
        Ignoring data for locked node: rs_architectural_generalwhite/redshift_vopnet1/Architectural1

このようなエラーが表示される場合、Redshift自体がロードできていないため、

  1. クライアントPCにて、HQueueを実行するアカウント(サービスのHQueue Clientに設定したアカウント)にてログインします。

  2. HoudiniのCommand Line Toolsを開きます。



  3. 開いたウィンドウに、hythonと入力し、Enterキーを押します。



  4. アカウントにてRedshiftが正しく設定されていると下記のように、Redshiftが認識していることを
    確認することができます。

もし、ここでRedshiftがロードされていない場合、そのアカウントのhoudini.envにて、RedshiftをHoudiniがロードするように設定する必要があります。下記を参照し、Houdini.envにRedshiftパスを追加してください。

https://docs.redshift3d.com/display/RSDOCS/Houdini+Plugin+Configuration?product=houdini#HoudiniPluginConfiguration-Plugininstallation(Windows)

2.ジョブを送信するPCとHQueueで使用するHoudiniバージョン(Target HFS)があっているか?

デフォルトのTarget HFSパスは以下のように設定されています。

  • $HQROOT = ネットワーク上の共有フォルダの場所
  • $HQCLIENTARCH がOS の情報

つまり、HQueue Serverで定義された共有フォルダにインストールされているHoudiniを使用するということになります。ここで定義されたHoudiniバージョンとRedshiftのバージョンがあっていない場合、HQueueは以下のようなエラーを表示します。

このようなエラーをHQueueで確認しましたら、Redshift側のログを開いています。
クライアントPCの下記の場所にログが保存されています。

C:\ProgramData\Redshift\Log\Log.Latest.0

ファイルはHTMLで保存され、Log.Latest.0となっているフォルダが最新となります。
ログを表示すると下記のようにHoudiniとRedshiftプラグインバージョンがあっていないというエラーが出ている場合があります。

共有フォルダにあるHoudiniを立ち上げる必要がない(各クライアントにおいて同じディレクトリにHoudiniをインストールしている)場合は、下記のようにクライアントで起動するHoudiniを指定することができます。

共有フォルダ上のHoudiniを使用する場合は、シーンを作成したおおもとのPCにインストールされているHoudiniおよびRedshiftとバージョンがあっているか確認しましょう。

3.Redshift ROPの設定があっていない

HQueueにてジョブを実行した際に、HQueue自体に下記のようなエラーが表示され、かつ、Redshiftのログが生成されない場合は

 Bad node type found: redshift_material in /obj/shopnet1/mt_ground/redshift_vopnet1.

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。