Created on | Updated on
フォローする

Adobe CC 体験版から製品版への認証ができない対応方法

Adobe Creative Cloud グループ版

体験版を使用していて、製品版のライセンスが割り当てられたのに関わらず、製品版への認証ができない場合があります。次の方法で認証を順次試してください。

 

1. 「Creative Cloudデスクトップアプリケーション」を起動し、ログアウトし、再度ログインした後、Adobe CCアプリケーションを起動し、「このソフトウェアをライセンス認証する」で認証を試みてください。

2. 1.で認証が取れない場合で、セキュリティソフト等が実行されている場合は、一旦セキュリティソフトを停止してから、Adobe CCアプリケーションを起動し、「このソフトウェアをライセンス認証する」で認証を試みてください。

3. 1. 2.で認証が取れない場合、Admin Consoleの「ユーザー」で、一旦問題の発生しているアカウントを削除します。削除後に再度ユーザー登録を行い、Adobe Creative Cloud製品を割り当ててください。招待メールが届きましたら、Adobe CCアプリケーションを起動し、「このソフトウェアをライセンス認証する」で認証を試みてください。

4. 3. を行っても問題が解決しない場合は、下記のファイルとフォルダをPCから取り除いてください。

i) 最初に「Creative Cloudデスクトップアプリケーション」を終了します。

ii) 次に、Windowsの場合、「タスクマネージャー」を起動して下記のタスクを全て終了します。Macの場合は、「アクティビティモニタ」を起動して同様に、下記の(プロセス)を全て終了します。

    Adobexxxxとして実行されている全てのタスク
    Adobe CCのアイコンがついている全てのタスク

iii) 上記の完了後、以下のファイルとフォルダを削除します。

Windowsの場合:

    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\OOBE\opm.db
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Adobe\AAMUpdater\1.0

Macの場合:

    /ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Application\ Support/Adobe/OOBE/opm.db
    /ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Application\ Support/Adobe/AAMUpdater\1.0

/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/へは、optionキーを押したままFinderメニューの「移動」>「ライブラリ」を選択してライブラリフォルダにアクセスしてください。

iv) 念のため、PCを再起動します。

v) 再起動後に「Creative Cloudデスクトップアプリケーション」を起動して、ログインします。
ログイン後しばらくするとAppsタブにリストされたアプリケーションの右側にあるボタンのアイコンが「開く」に変わります。
「開く」になってから、Adobe CCアプリケーションを起動してください。

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。