Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.15 リリースノート

Redshift 2.6バージョンでは、NVidiaドライババージョン390.65以降(Windows)、390.25以降(Linux)、および387.128以降(macOS)が必要です。

* [Maya] AOVのノイズ除去サポートを追加
* [Maya]グローバルファイル名プレフィックスの<RenderPass>トークンのサポートが改善。 グローバルに使用される場合、 <BeautyPath>と<BeautyFile>は<RenderPass>を "Beauty"ではなくAOV名に正しく解決します
* [Max] AOVのノイズ除去サポートを追加
* [Max] ビューポートにRedshift Bitmapをプレビューサポートが追加
* [Max] ノイズ除去ユーティリティバッファを保存するためのオプション追加
* [Max] Light include/excludeリストをMAXScriptに公開
* [Max] Redshift File Outputとライトグループoutputに、ファイル名に存在する場合、後続の区切り文字を使用
* [Max] edshift File Outputのデフォルトの区切り文字をアンダースコアに変更
* [Max] Redshift File Outputがカスタムレンダーエレメントパスを無視するバグを修正
* [Max] レンダービューを無効にしてAOVをレンダリングすると不安定になる可能性のあるバグを修正
* [Max] レンダービューを無効にしたときにレンダリングエレメントのビットマップに追加されないバグを修正
* [Max] レンダービューを無効にしたときにMaxのRegion / Cropが機能しないバグを修正
* [Max] メッシュなしでPFlowイベントのレンダリング例外が発生するバグを修正
* [Max] ターゲットオブジェクトが全く表示されていないときにライトの "include"リストが無視される問題を修正
* [Max] Redshift StateシェーダのUIの不具合を修正(2.6.13で導入されたバグ)
* [Max] ヨーロッパ地域固有のMax UIを壊す問題を修正
* [C4D] Picture Viewerのレンダリング中にDirect AOVにCryptomatteの初期サポートが追加。 マルチパス出力はプレビュー目的でのみ利用可能。
* [C4D] AOVのノイズ除去のサポート追加
* [C4D] マルチパス出力が無効になっている場合、ユーザー指定のユーティリティAOVがノイズ除去中に考慮されない問題を修正
* [C4D] Editor Visibility状態が不注意にIPRレンダリングに反映される問題を解決
* [C4D] Auto Optimize Nodesオプションが有効になっている場合、ShaderGraphエディタの潜在的なクラッシュを修正
* [C4D] 特定の条件の下でカメラが誤ってロック解除される可能性のあるIPRの問題に対処
* [Houdini] RS RenderViewを開くためにHoudiniの "Redshift"トップメニューバーの新しいオプション
* [Houdini] v2.6.14で導入されたインスタンスの反転バグを修正
* [Houdini] Cryptomatteのサポートが追加
* [Houdini] AOVのノイズ除去サポートを追加
* [Houdini] デフォメーションモーションブラーを有効にしてレンダリングする際に、タンジェントアトリビュートに関する問題を修正
* [Houdini] RenderViewレンダリングの進行状況のマイナーな修正
* [Katana] 「プライマリ」AOVのRender Output Defineノードが利用できない場合のクラッシュを修正
* [Katana] Cryptomatteのサポートが追加
* [Katana] AOVのノイズ除去サポートを追加
* [Katana] デフォメーションモーションブラーを有効にしてレンダリングする際に、タンジェントアトリビュートに関する問題を修正
* [All] さまざまなBias/Gain Math(数学)ノードのバグを修正
* [All] OptiXの初期化が、CUDA対応GPUのないシステムでクラッシュする問題を修正
* [All] 特定のエッジを十分にテッセレーションできないテッセレーターのバグを修正。 アーティファクトは、多くの場合、画面の端近くに出現。
* [All] OptiX 5.1のバグに対する一時的な回避策を追加。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/19783/
* [All] 低いトーンマッピング値でおかしなGIを引き起こすバグを修正
* [All] ボリュームスキャッタリングによるGIサポートの追加、この機能を無効にする後方互換性のあるレガシースイッチを含む
* [All] すべてのライトに新しい 'GI Max Trace Depth'オプションを追加し、GIに影響を及ぼすライトをより細かい制御が可能
* [All] ライトグループボリュームAOVがGI AOVにGIの寄与を漏らす原因となるバグを修正
* [All] GIが有効になっているときに、壊れた/ノイジーなレイマーチボリュームライティングを生成する可能性のあるバグを修正
* [All] ボリュームグリッドモーションブラーコードのバグを修正しました。クラッシュまたはボリューム破損(モーションがぼやけた場合)が発生する可能性があります。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/20011/
* [All] IDsAndCoverage AOVが有効になっているときに視覚的な破損を引き起こすバグを修正
* [All] Cryptomatteでオートクロップが常に有効になっていたバグを修正
* [All] Volumeシェーダの「Shadow Density Scale」は、直接光とGIの両方に影響を与えるように改善。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/20044/
* [All] ボリュームカットオフは、非逆平方減衰(non-inverse-square-decay)ライトでより良く機能するように改善。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/20035/
* [All] ボリュームスポットライトに不正確なバンディングノイズアーチファクトを引き起こす2.6.10のバグを修正
* [All] redshiftCmdLineが不完全/壊れた画像を書き込む可能性があるバグを修正。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/19901/
* [All] 単一散乱のサンプリング効率を改善。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/20081/