Created on | Updated on
フォローする

HtoA 3.0.1 (Arnold 5.1.0.1 Core) リリースノート

リリース日: 2018/4/24

 

本リリースはバグ修正のリリースで、ROP演算子のサブネットトラバース、alembic packed primitiveのタイムシフト、およびノイズの出力AOVを修正しています。

 

■互換性

本リリースでは、Arnold 5.1.0.1とOpenVDB 4.0.0が使用されています。

Houdini、Houdini FX、Houdini Indie、Houdini Educationのプロダクションビルドで使用可能なバイナリは以下になります。

 

下記のプラットフォームに対応しています。

  • Linux x86_64 (gcc4.8)
  • Windows 7 x64 (vc14)
  • Mac OS X 10.8+ (clang7.3)

 

なお、Houdini Apprenticeはサードパーティのレンダラをサポートしていないため、HtoAを実行することはできませんので、ご注意下さい。

 

■機能強化

  • ROP演算子の subnet traversal (htoa#1014)
  • Alembic time オフセットのサポート(これはIPRではまだサポートされていないことに注意してください) (htoa#1016)
  • Arnold > RLM Licensing に Trial Install License を追加(htoa #1017)

 

■修正

  • Noiseの出力分散AOVの生成中のエラー(htoa#1013)
  • 無効なドキュメントでクラッシュしないように MaterialX 演算子の例外をキャッチする(core#6844)
  • Cookのキャッシュのチェックが正しくないと、アップストリームのオペレータによってはCookができなくなります(core#6903)
  • OSLで初期化されていないObject-to-World変換(core#6896)
  • Noiseは、深さバッファまたはノーマルバッファの精度エラーを無視します(core#6900)
  • 無効なノードによるプロシージャル型の負荷クラッシュ(core#6902)
  • optix denoiser DLLが見つからない場合のクラッシュを修正しました(core#6913)
  • プロシージャルの空のポリゴンメッシュをロードするとクラッシュする(core#6923)
  • バッファがまだマップされているため、デバイスを変更した後にOptix denoiser クラッシュする(core#6924)
  • 古いバージョンのNVMLによるクラッシュ(core#6928)
  • 別のプロシージャルの中で無効/空のプロシージャルによるクラッシュ(core#6938)

 

 

なお、こちらのリリースノートは下記ページを翻訳したものになります。

https://support.solidangle.com/display/A5AFHUG/HtoA+3.0.1

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。