Created on | Updated on

Entityにおける複製方法と複製範囲について

下記は、データの複製方法と反映についての説明となります。

Assetエンティティに下記のようなデータがあるとします。
この2つのデータをPipeline Step まで含めて複製したい場合、


2つのデータを選択して、Duplicate Selected を選びます。これでデータの複製ができます。

結果はこのようになりました。


CH01のコピーの方は、Task Templateまで情報が入っていたので、そこも含めて複製されているので、
Pipeline Step にまでTaskが反映しています。

一方、CH02のコピーの方は、Task Templateの情報まで入っていないので、
自身のエンティティ(Asset)情報しか複製がされません。

もし、Pipeline Step のTaskまでまとめて情報を反映させたい場合は、
Task Templateの情報が入っているデータを複製するほうが楽です。

また、CSVでTaskをまとめて情報を流し込みたい場合も、
一旦Task情報だけTask Templateでまとめて生成(IDを生成)しておいて、
あとでCSVでTask名をユニーク名に変更した方がエラーも少なく確実です。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ