Created on | Updated on
フォローする

手動でシェルフプリセットを追加する

構成ファイルを編集して、Substance Painterを開かなくても新しいシェルフプリセットを追加することができます。
設定ファイルの名前は "shelf.ini"で、次のフォルダ内に配置できます。

  • Windows: C:\Users\*username*\Documents\Substance Painter\
  • Mac OS: Macintosh > Users > *username* > Documents > Substance Painter
  • Linux: /home/*username*/Documents/Substance Painter/

実行可能なコンテンツの例:

[filters]
1\name=Grunge
1\usages=basematerial, smartmaterial, smartmask, filter, receiver, tool, texture, procedural, brush, emitter, environment, particle, shader, alpha, generator
1\refine_query=grunge
2\name=Procedural
2\usages=procedural
3\name=Environment
size=4
3\usages=environment
4\name=Filter
4\usages=filter

構文は次のようになります。

  • 現在のシェルフプリセットを定義する番号:1 /
  • 変数名:用途
  • 変数の内容:=基本マテリアル、スマートマテリアルなど

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。