Created on | Updated on
フォローする

Modo 12.1v1リリースノート

Modo 12.1v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

 
対応OS
  • Mac OS 10.11.x, and 10.12.x, 10.13.x (64-bit only)
  • Windows 7, Windows 8, and Windows 10 (64-bit only)
  • Linux 64-bit operating system (CentOS/RHEL 7+)
 

統合されたVRビューポート

新しい統合VRビューポートを使用すると、バーチャルヘッドセットに接続し、仮想環境内でモデルを表示および調整することができます。このリリースでは、アイテム変換、シーンレイアウト、およびデザインレビューに焦点を当てています。移動、回転、スケール、インスタンス、複製、変換のリセットなど、多くの主要なアイテム編集ツールが利用できます。また、スナップオプションやアクションセンターも用意されているため、仮想環境内のオブジェクトを正確に移動できます。

 

  

レンダリングとリギング

Advanced Viewportでは大幅な改善が見られ、より複雑な素材設定をビューポートで直接レンダリングしたり、リアルタイムで変更を加えることができます。グループマスクを完全にサポートすると、複数のマテリアルレイヤーをマスクし、非常に複雑なマルチレイヤーマテリアルセットアップをレンダリングできます。また、グループブレンディングモードと不透明度の変更も完全にサポートされているため、AVPとModoのネイティブレンダラでの素材表現の違いはほとんどありません。他のレンダリングの改良点には、フィルムロールチャンネルの追加があります。これにより、2Dアニメーションパイプラインで便利な、カメラのフィルムオフセットチャンネルに対するカメラの2次元ロールをアニメートすることができます。

  

UVツールとMeshFusion

UV Packコマンドの主な更新により、より高速なパッキング時間を実現する新しいアルゴリズムが実現しました。UVアイランドとUV境界の間の距離は、Gaps by Pixelオプションでより正確に制御できます。元のままにして、新しいUVマップにパックする新しいオプションがあります。さらに、Polygon Tagに基づいてパックする機能が追加されました。この機能は、UVをそのタグに基づいて別々のUDIMにパックする機能を提供します。追加設定がMeshFusion Surface Stripsに追加され、生成されたトポロジをより詳細に制御できます。

 

アニメーション

Modo 12.1では、キーフレーム処理を高速化し、キーフレームデータを再利用するように設計されたアニメーションワークフローの拡張機能を導入しています。ドリブンアクションは、シーン内のアクションクリップを再利用、リタイム、リギングする機能を追加し、アクションを初めて完全に利用できるようにします。新しいデフォルトのキースロープタイプがあり、キー間のスムーズな補間が可能になり、アニメーション化中に必要なキー調整の量が大幅に削減されます。新しいボックス変換ツールを使用して、グラデーションエディタで複数のキーを操作する方がはるかに簡単です。ミニグラディエントエディタでは、プリセットの保存と読み込みを可能にするメニューの追加など、さまざまな改良が施されています。

 

プロシージャルモデリング

Modoの手続き型モデリングシステムは、新しいMesh and Selection Operationsの範囲で改善を続けています。'Surface Constraint'メッシュ操作は、シーンの他のジオメトリにジオメトリを手作業で拘束することを可能にするバックグラウンド制約の手順バージョンです。その他のキーの追加には、Convert Selection、ConnectedおよびSelect Loop選択演算子、エッジスライド、プッシュ、エッジスプリット、ポリゴンマージ、ポリゴン統合メッシュ操作などがあります。これらすべての新機能を完全に実行するための動画をご覧ください!

 

ダイレクトモデリング

Modo 12.1では、頂点の法線の編集や定義が大幅に改善されています。頂点ノーマルツールキットは、特定のコンポーネント、端点、角度、ポリゴン境界、UV境界、UVアイランド境界による硬化または軟化のためのより多くのオプションを使用して、よりシンプルに更新されました。新しいスムージンググループマネージャーがあります:ポリゴンが存在するグループを定義し可視化するためのUIです。モデルの頂点の法線は、別々の頂点マップではなく、Modoのネイティブなスムージングの一部として保存されるため、スムージングに悪影響を与えることなくモデルを自由に編集して変形できるようになりました。サーフェスの法線を制御するためのさまざまな新しいオプションがMaterial Propertiesの一部として追加されました。マテリアルごとにスムージンググループの効果を制御するオプションもあります。

  

UIの改善

ModoのUIが微調整されました。より高速にアクセスできるように、ツールパレットボタンはツールパレットをフォームに直接スワップできます。背景メッシュの視認性、アイテムの描画、ウェイトマップの視認性や歪みなどを3Dビューポートで直接切り替えることができ、これらのオプションを簡単に見つけ出し、状態を明確に視覚的に示すことができます。Modoモードのフォームには、セットアップモードボタン、レンダリングボタン、ネストされたセンターボタン、ピボットモードボタンがあり、レイアウト間の一貫性を保つことができます。すべてのKITSは現在、UIの右上にあるKITSボタンからアクセスできるKITSポップオーバーフォームに存在します。Modoには新しいベータ版のレイアウトが付属しており、単一のレイアウトで作業するための新しいUIコンセプトを多数紹介しています。

  

下記のページからダウンロード可能です。
本文はModo 12.1v1リリースノートをご参照ください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。