Created on | Updated on
フォローする

Houdini初級編:TransformとEdit

オブジェクトの基本的なTransformツールから、アニメーションリグのポーズツール、ジオメトリを再形成するための編集ノードまで、ビューポートでインタラクティブなハンドルを使用できるようにするさまざまなツールがあります。 Houdiniでは、これらのハンドルは、使用しているノードと密接に関連しています。

Transformツール

トランスフォームツールは、オブジェクトの操作やジオメトリの形状変更に使用できるハンドルを提供します。 オブジェクトをトランスフォームすると、オブジェクトレベルのパラメータが更新され、変更が反映されます。

これらのツールを使用している間は、Sを押し続けて新しい選択を行い、Sを放してトランスフォームすることで再選択することもできます。

Transformハンドル

Moveハンドルを使用して作業するときは、1軸、2軸、または中央を使用してカメラ平面に沿って移動できます。 回転ハンドルとスケールハンドルは同様のコントロールを提供します。

MMB移動

ハンドルを直接クリックしたくない場合は、開いているスペースでマウスの中ボタンを使用して、軸の人るに沿ってドラッグすると、その方向に平行移動または拡大縮小できます。 回転ハンドルでのMMBドラッグは、すべての方向に回転します。

ポーズツール

アニメーションを作成するときは、ポーズツールを使用してボーンを操作し、モーションパスハンドルを表示して、オブジェクトの動きを空間に表示することができます。次に、タンジェントハンドルとキーフレームポイントを使用して、ビューポートのモーションを変更することができます。

Editノード

ジオメトリコンポーネントを移動しようとすると、Editノードが配置され、トランスフォームが受け入れられます。 ジオメトリをトランスフォームするだけでなく、サーフェス上をスライドさせたり、法線に対して垂直に移動したり、またはサーフェスをスカルプトすることができます。

ソフト減衰

ポイントを変形するときは、Soft  Edit Radiusを使用して減衰を使用することができます。 サーフェス上で減衰ができる場所を示すために呼び出されるビジュアライザーがあります。

Editオプション

EditノードでRMBをクリックすると、特定の方法で選択をトランスフォームするためのオプションが表示されます。 円を描いたり、選択を直線にすることができます。 これらのオプションは、ポイントやエッジで動作しますが、プリミティブでは動作しません。

ハンドルツール

シェルフツールを使用した後、ハンドルツール自体を探すことがあります。 または、ネットワーク内のノードを選択し、シーンビューのEnterキーを押してハンドルツールに移動することもできます。 これにより、選択されたノードの特定のパラメータ(PolyExtrudeノード上のDistanceパラメータなど)に焦点を当てたハンドルが表示されます。

Show Currentオペレーター - デフォルトでは、表示ノード以外のノードを選択すると、カレントノードになり、ジオメトリのワイヤフレームが表示されます。 このハンドルを使用して、この中間ノードを操作しながら、シェーディングされたサーフェス上の結果を評価することができます。

Show Displayオペレーター - もう1つの方法は、ディスプレイ・オペレーターを常に表示することです。 この場合、チェイン内のノードを選択するとワイヤフレームが表示されず、ハンドルはディスプレイノードにフォーカスされたままになります。

現在のノードのパラメータパネルでパラメータを変更することはできますが、ハンドルはディスプレイノードのパラメータを操作するために継続します。

Handleオプション

すべてのハンドルには、ハンドルの任意の部分を右クリックしてアクセスできるメニューがあります。

このメニューでは、ハンドルの調整、ノードのパラメータからの切り離し、ピボットモードなどを選択できます。 これらのオプションを使用して、ハンドルの動作をカスタマイズすることができます。

また、ハンドルのパラメータをキーフレームに設定し、ハンドルのすべての部分をデジタルアセットに昇格させることもできます。 パラメータをプロモートすることで、アセットレベルでハンドルにアクセスできます。

  1. 編集|コンポーネント このボタンのコレクションから、作業するコンポーネントを選択できます。
  2. スローピー選択 - 編集ノードがスローピー選択を使用しているため、3つのコンポーネントが同時に選択されます。
  3. 移動ツール - 移動ツールを使用すると、シーンビューハンドルを使用して選択範囲を移動できます。
  4. ハンドル - このハンドルでは、直線を使用した1軸に沿った移動か正方形ドットを使用して2軸に移動できます。ハンドルを右クリックして、ハンドルのオプションにアクセスします。
  5. シェーディングオプション - シェーディングオプションは、シーンビューで表示する内容を決定します。 この場合は、Smooth Wired Shadingを使用しています。
  6. RMBメニュー - このメニューでは、どのタイプの編集に集中したいかなどの編集ツールオプションにアクセスできます。 この情報は、シーンビューの上部バーにも表示されます。
  7. コンポーネント選択 - このメニューを使用してコンポーネントタイプを選択することもできます。 これにより、ツールバーに表示されるオプションと同じオプションが提供されます。
  8. 表示オプション - このメニューを使用して円を作成し、選択を直線化することができます。
  9. 選択オプション - モデリング中に選択をサポートするために、このサブメニューで選択ツールのRMBにあるオプションを使用できます。

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。