Created on | Updated on
フォローする

Houdini初級編:ジオメトリの選択

Houdiniでの作業は、多くの異なる要素の選択と操作を必要とします。 ポイント、エッジ、プリミティヴなどのオブジェクトやジオメトリコンポーネントを効率的な操作に役立つツールやオプションが多数用意されています。

選択ツール

選択ツールを使用すると、選択操作に専念できます。したがって、操作ハンドルはありません。 移動や回転などの他のツールで作業する場合は、自由に選択することができます。また、セキュアな選択を使用してロックすることもできます。その場合は、ホットキーSで選択ツールを呼び出す必要があります。

選択タイプ

選択の追加、削除、または切り替え、全選択、選択しないためのショートカットなどがあります。 作業中にこれらのテクニックをたくさん使うでしょう。

選択テクニック

ビューポートでの選択には、ジオメトリへのアクセス方法が異なる4種類の選択肢から選択できます。

表示されるジオメトリやグループを選択できるようにする選択フィルタもあります。 作業が進むと、選択をより簡単にするために幅広い選択オプションを利用することができます。

選択モード

選択モードでは、オブジェクトやコンポーネントにアクセスできます。 また、ツールバーのボタンやホットキーを使用して、オブジェクトレベルからジオメトリレベルに簡単にジャンプすることもできます。

オブジェクト - オブジェクトのネットワークレベルは、オブジェクトのトランスフォームで作業する場所です。 ビューツール以外のツールでは、次のホットキーを押すとオブジェクトレベルに戻ります。

ジオメトリ - ビューツール以外の場合、次のホットキーのいずれかを使用して、ジオメトリレベルにジャンプすることができます。

スロッピー選択

ほとんどの場合、ジオメトリ選択モードは1度に1つしか使用できません。 しかし、Editノードを使用している場合、「スロッピー選択」では、ポイント、エッジ、およびプリミティブの組み合わせを臨機応変にで選択できます。

ツールによって使用される選択

ビューポートで選択を行い、ツールを使用すると、新しいノードが作成され、選択したポイント、プリミティブまたはエッジがノードのGroupパラメータにリストされます。

たとえばここでは、プリミティブ5,6および9,10がPolyExtrudeノードによって使用されていることがわかります。 グループノードにリストされているのを確認してから、面を押し出します。

入力ジオメトリノードのトポロジを変更すると、より多くの面が存在する可能性があり、押出しは別の場所に移動します。 これは望む結果ではなく、フェースを再選択する必要があるかもしれません。

再選択を行うには、PolyExtrudeを選択し、Enterを押してハンドルツールに移動、` を押して「再選択モード」に入ります。 新しいプリミティブを選択してEnterを押すと、新しい選択がGroupパラメーターで使用されます。

全選択

入力シェイプのすべてのプリミティブを選択する場合は、Groupパラメーターを空白のままにします。 入力ジオメトリのトポロジが変更された場合でも、すべてのフェースはノードによって操作されます。 ビューポートでSelect All [N]を使用すると、通常、ツールを使用するときにこのフィールドが空白のままになります。 Select None [Shift N]はすべての選択を解除します。

グループノード

グループでは、定義されたポイント、頂点、ポリゴン、またはエッジを名前で参照できます。 グループをインタラクティブに定義するには、ビューアでコンポーネントを選択するか、範囲またはエクスプレッションを使用して数学的にコンポーネントを選択します。 ポイント名またはプリミティブ番号を使用する代わりに、グループ名をグループパラメータに割り当てることができます。

選択可能なグループノードは以下の通りです:

  • Group Create - インタラクティブ選択、境界ボックス、フェースのノーマル方向、またはエッジ角度を使用して、グループに入力することができます。
  • Group by Range - 範囲を選択して、グループに入力するための簡単なパターンを利用できます。
  • Group Expression - このノードでは、vexエクスプレッションを使用してグループのメンバーシップを定義できます。
  • Group Paint - このノードでは、インタラクティブなペイントインターフェイスを使用して、グループ用にジオメトリを選択できます。

選択メニューオプション

各選択モードには、シーンとのやり取りの方法を変更できるオプションがあります。 これらのオプションにアクセスするには、各モードのアイコンをLMBまたはRMB-クリックします。

コンポーネントの操作中にこのメニューを使用すると、表示オペレータまたは現在のオペレータを表示することができます。 同じオプションは、編集ノードを操作するときにシーンビューの上部に表示されます。

このメニューは、オブジェクトレベルでは異なります。さまざまな種類のオブジェクト用フィルタと、マテリアル、コンストレイン、およびデジタルアセットをより簡単に選択するためのオプションが含まれています。

 

  1. 編集| コンポーネント このボタンのコレクションから、作業するコンポーネントを選択できます。 ここでエッジの選択が選択されています。
  2. 選択ツール - 選択ツールを使用すると、選択範囲を移動できます。 シーンビューに表示されているハンドルを使用します。 Sホットキーでアクセスできます。
  3. 選択タイプ - 上部バーを使用して、選択タイプを変更することができます。 Box、Lasso、Brush、Laserから選択できます。 複数のフィルタオプションもあります。
  4. エッジループ - エッジループを選択するには、エッジを選択しながらダブルクリックします。 また、同じテクニックを使用してポイントループまたはプリミティブループを選択することもできます。 部分ループを選択するには、1つのエッジを選択してから、Aを押して終了エッジを選択します。 これもポイントとプリミティブで動作します。
  5. シェーディングオプション - シェーディングオプションは、シーンビューで表示する内容を決定します。 この場合は、Smooth Wired Shadingを使用しています。
  6. RMBメニュー - 選択ツールで、このメニューを使用すると、逆選択、境界、選択範囲の拡大や縮小などの選択オプションにアクセスできます
  7. 表示フィルタ - このフィルタを使用すると、ボーン、ヌルオブジェクト、ライト、カメラなど必要のないものをオフにして、すぐに作業に集中できます。
  8. 表示オプション - 何も選択されていない場合、選択モードはエッジまたはポイントが表示されますが、ここに示されているような特定のアイテムを常に表示する場合は、これらのオプションを使用する必要があります。