Created on | Updated on
フォローする

Houdini初級編:ノードとネットワーク

Houdiniプロシージャルアーキテクチャの中心となるノードベースワークフローではノードやネットワークと直接連携することが効果的であるため、非常に重要です。ノードの考え方は難しくに聞こえるかもしれませんが、実際にはかなりフレンドリーで扱いやすいものです。

Houdiniにてツールを使用すると、ノードが作成され、他のノードとリンクされます。結果として生まれたネットワークは、操作履歴を提供すると同時に、情報の流れを変更し、作業を洗練するための簡単な方法を提供します。すべての作業をシーンビューで行うことも可能ですが、ノードネットワークで効果的に作業する方法を学ぶことで、長期的にはより柔軟に作業することが可能です。

ネットワークパス

ノードは、ネットワークマネージャーまたはサブネットワークと呼ばれる他のノードにネストされた複数のノードとともに階層的に編成されます。 これらの階層を管理するために、ほぼ全てのペイン上部にブラウザのようなパスがあります。

このパスを使用して、この階層または作業している他のネットワークを上または下にナビゲートすることができます。 デフォルトでは、シーンビューでの選択に応じてパスが変更されますが、パスをピン止めしてフォーカスを保つことができます。 ターゲットアイコンを別のペインにドラッグしてパスを変更することもできます。

ネットワークタイプ

Houdiniには、各自が独自コンテキスト上で動作するさまざまな種類のノードが含まれています。 ネットワークタイプは、ネットワークビューの右上隅にハイライトされており、使用しているネットワークの種類を決定するのに使用できます。 各タイプのノードは他のネットワークに接続できます。 各タイプのノードは他のネットワークに接続できます。 ノードの種類によって、ワイヤでつなは方法が似ていますが、それぞれ固有の機能があります。

各タイプのノードがどのように機能するかを知ることは重要です。

HOUDINIの「秘密の」言語

経験豊富なHoudiniユーザーと話していると、上記のノードタイプを参照するSOP、DOP、VOPなどの話を聞くことになります。 この章では、この「秘密の」言語を使用してノードのタイプについて説明し、プロシージャル作業にどのように適用するかを学びましょう。

ネットワークのナビゲート

ネットワークタイプ間を移動するために多様な方法があります。シーンビューのオブジェクトを操作するときに自然に発生することもあれば、別のネットワークに素早くアクセスできるショートカットもあります。

Selection Modes - シーンビューで選択すると、ネットワークエディタが選択範囲の位置にジャンプします。
異なる選択モードでは、選択するごとに異なるネットワークタイプに切り替わります。

Network path - ネットワークパスをLMBでクリックしてパスをバックアップするか、RMBをクリックしてパラレルネットワークにアクセスします。

Hotkeys - ホットキーは、選択したオブジェクトを操作するときに上下に移動することに役立ちます。

Jump to Menu - ジオメトリをRMBでクリックすると、Jump toサブメニューを使用して、ジオメトリに関連するノードを含むネットワークに移動することができます。これは、マテリアル、パーティクルネットワーク、またはダイナミックネットワークにて可能です。

ノードフラッグ

ネットワークビューに表示される各ノードには、表示、ロック、またはバイパスを決定するさまざまなフラグがあります。 これらのアイコンは、アイコン自体をクリックするか、ラジオノードメニューを使用して呼び出すことができます。

表示フラグ [R] - このフラグを使用すると、ネットワークの表示出力ノードを選択でき、ハロリングで強調表示されます。レンダリングフラグ[T]はレンダリングのために出力されるノードを設定し、黒丸で強調表示します。 このフラグは、表示フラグをCtrlキーを押しながらクリックすることで表示フラグとは別に設定することができます。

テンプレートフラグ [E] - このフラグは、参照またはスナップするノードを表示します。

ロックフラグ - これはロックされたノードにキャッシュされ、ネットワークがクックされたときにチェーンの前にあるすべてのノードが無視されます。

バイパスフラグ [B] - このフラグを使用すると、ネットワークがクックされたときにノードを無視できます。

選択と表示のホットキー

ネットワークペインでは、完全なネットワークを操作するためにパンやズームを行う必要があります。 アクションキーの組み合わせは次のとおりです。

 

ノードの接続と接続解除

ネットワークパネル内でノードや接続を様々な方法で操作することができます:

ノードギャラリー

ギャラリーは、ネットワークに直接追加したいノードにすばやくアクセスできます。 ギャラリーには、通常の作業で最も使用されるノードが含まれていますが、タブキーではすべての使用可能なノードにアクセスできます。Windows> Gallery Managerを使用して独自のギャラリーを作成し、ノードを右クリックしてSave to Gallery...を選択することでギャラリーにアイテムを追加することができます。Matネットワークに保存されたノードは、Mantra for Mantra materials.のような適切なキーワードが与えられている限り、マテリアルパレットでも利用できます。

ネットワークビュー

  1. ネットワークパス - 現在のネットワークレベルに至るパス。 このバーを使用して、他のネットワークに移動することもできます。
  2. パネルメニュー - ここにあるメニューとアイコンは、ネットワークを整理するためのものです。
  3. ネットワークバックグラウンド - イメージを追加したり、グリッドを設定してノードを整理することができます。
  4. ネットワークボックス - グループ関連のノードは、すばやく折りたたんだり、展開することができます。
  5. スティッキー - ノートを追加して、他のアーティストが作成したネットワークを理解する手助けをしたり、自分のネットワークのアイデアをメモしておくことができます。
  6. ノード - ネットワークの最終出力に寄与する操作であることを表します。
  7. ネットワークタイプ - どのネットワークタイプで作業しているかを示します。
  8. コネクター - コネクトラインは、ノードがどのようにリンクされているか、データがネットワークをどのように流れているかを示しています。
  9. ドット - ノードを簡単に整理できるようにドットコネクタを追加することができます。
  10. ディスプレイリング - 小さな円は、シーンビューに表示されるノードを示します。
  11. レンダーリング - 大きな円は、別のノードがビューポートに表示されても、このノードがレンダーノードであることを示します。
  12. コメント - ノードコメントは、他の人が作成者の考えを理解する手助けを表示することができます。
  13. パレット - 上のボタンを押すと、ノードの色と形を設定できるパレットが表示されます。

 

ノードについて学ぼう

Radial MenuまたはMMB-pressを使用して情報ボックスを開きます。このパネルには、ノードの内容、グループ、アトリビュートおよびその他の重要な情報に関する情報が表示されます。 このパネルでは、ワークフローを妨害しているエラーについても説明します。このパネルは一時的なものですが、作業中にピンアイコンをクリックすると表示したままにすることができます。 このパネルを使用して、コメントを追加し「ネットワーク」ビューに表示することができます。