Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.13リリースノート

このビルドには、Maya、3ds Max、Houdini、C4D、Softimage、Katana用のプラグインが含まれています

Redshift 2.6バージョンでは、NVidiaドライババージョン390.65以降(Windows)、390.25以降(Linux)、および387.128以降(macOS)が必要です。

このリリースでは、レイマーチボリュームとライトグループAOVにおける深刻なワークフローのバグが修正されています。 正しい結果を得るために、ボリューム「フォグ」ティントAOVをライトグループAOVに適用する必要性がなくなります。 このため、ライトグループのAOVは、このバージョンで異なるレンダリング結果になる可能性があります。

* [Maya] Redshift RenderViewでCryptomatteの表示サポートが追加
* [Maya] ファイルを直接リファレンスするすべてのRedshiftノードの "File> Archive"のサポートが追加
* [Maya] 調整されたライトグループタグ処理
* [Max] EXRファイルを保存するときにRedshiftルーチン(3ds Maxをバイパス)を使用する出力オプションを追加
* [Max] Redshift MultiMapシェーダを追加
* [Max] 無効にするか、別のレンダラーが選択されているとレンダービューウィンドウを閉じる
* [Max] RVが無効の場合、rsShowRenderViewスクリプト関数は失敗
* [Max] IPRのカメラでデフォルトライトが動かないバグを修正
* [Max] PRがビューポートのカメラ割り当ての変更を検出しないバグを修正
* [Max] Motion Vectors AOVが正しく保存されていない、プロキシエクスポートのバグを修正
* [Max] マテリアルAOVが間違ってリファレンスされた場合のプロキシエクスポートのバグを修正
* [Max] EXRチャンネル名に文字化けが含まれる可能性のある、プロキシのエクスポートバグの修正
* [Max] マテリアル選択に失敗する可能性のThinking Particlesのバグを修正
* [Max] 複数のフレームをレンダリングする際にいくつかのRender Elementsが無効になる可能性のあるバグを修正
* [C4D] シーンがロードされたときに特定のマテリアルがプレビューをリフレッシュする問題を修正
* [C4D] ストレートオプションアルファを有効にした一般的な画像をレンダリングすると、特定の条件下で色空間変換が正しく行われないという問題が修正
* [C4D] 同じSubstanceアセットの複数のインスタンスへの参照が誤ってマージされる問題を修正
* [C4D]スタンダードマテリアルのReflectanceチャンネルの変換が改善
* [Houdini] 新しい "RS_objprop_ipr_forceMeshUpdate" OBJは、IPRメッシュ更新時にサブネット内のOBJノードを強制的に切り替えるために予備パラメータを切り替え
* [Houdini] 現行のHoudiniバージョンと互換性のないプラグインのビルドをロード中に、Houdiniがすぐにクラッシュする問題を修正
* [Houdini] RSRenderViewが常にトップステートになる問題を修正
* [Houdini] OBJスペアパラメータの頂点接線の計算機能の不具合を修正
* [Katana] バケットおよびプログレッシブ・レンダリング用OptiX denoiseオーバーヘッド設定
* [Katana] 索引付けされていない頂点UVマップの問題を修正しました。
* [RenderView] カメラ選択を追加
* [All] 特定のマテリアルAOVの出力ファイルにガンマを不適切に適用させる可能性のあるバグを修正
* [All] IPCポイントを頻繁に使用し、場合によってはちらつきを生じさせるようなirradiance point cloudの不正確さを修正
* [All] ライトがスケーリングされている場合、ボリュームスポット/ポイントライティングを壊す可能性のある古いバグを修正
* [All] AOVsによる潜在的なDeep EXRクラッシュを修正
* [All] レイマーチボリュームによって隠された場合、ライトグループAOVが正しくないバグを修正
* [All] ライトグループ「Remainder」AOVは、レイマーチボリュームで見えなくなる
* [All] ソーステクスチャファイルが見つからない場合は、事前に変換されたテクスチャをロード
* [All] プロキシポイントクラウドに対するobjectIDオーバーライドのサポートが追加
* [All] 今度は、Photographic Exposureシェーダのreinhard factor(「許容オーバー露光量」)をゼロまで引き上げることが可能
* [All] OptiX 5.1.0 ( macOS以外)対応
* [All] 複数ライトを持つシーンに関していくつかの最適化が追加されました。 詳細はこちらを:https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/360005545433