Created on | Updated on
フォローする

Mari4.1v1リリースノート

Mari4.1v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

リリース日
2018/6/12
 
対応OS
  •  Windows 7 64-bit or higher
  •  Linux 64-bit operating system (CentOS/RHEL 6)
 
新機能

簡易カラーピッキング

Mariは、保存されたすべてのカラーとカラーピッキングツールのカラースペースを定義するために、単一のOCIOカラーピッキングカラースペースを使用するようになりました。これにより、選択した色を管理する際に見えているものが何かわかるワークフローになります。

簡略化されたビュー変換

色空間ツールバーが更新され、表示変換ツールバーに名前が変更されました。ラベルはツールチップに置き換えられ、コントロールは結合され、現在表示されているデータ型の視覚的インジケータが表示されます。OCIOカラー管理が有効になると、カラーマネージャコントロールが非表示になりました。ツールバーのを参照してください。

知覚的にリニアなスカラー表示

ビュー変換に新しいスカラーモニターカラースペースを導入し、アーティストがスカラーデータを知覚的にリニアに表示できるようにしました。スカラーチャンネルでは、Nukeのような生データを表示するのではなく、他の8ビットベースのイメージングアプリケーションと同様に線形ランプが現れます。Mariが使用している情報は、依然として期待されるデータ形式であり、アーティストに最もフレンドリーなワークフローで最高の結果を提供します。

チャネルプロパティインジケータ

Mariにはチャンネルにカラーまたはスカラーデータが含まれているかどうかを定義し、チャンネルのビット深度を表示するためのビジュアルインジケータがチャンネルパレットに含まれています。これにより、チャネル構成を一目で管理することができます。チャネルパレット参照してください。

OCIOカラースペースフィルタ

MariOCIO Colorspaceフィルタが追加されました。これにより、ペイントのターゲットとバッファの色を、現在ロードされているOCIO構成内の別の色空間に、チャンネル設定に影響を与えることなく変換できます。「フィルタ関数」を参照してください。

一般的なカラーパフォーマンス

Mariのカラースペース処理が最適化されました。これにより、プロジェクトの読み込み時間が短縮されます。プロシージャルカラー管理の高速化既存のGPUアクセラレーションカラーマネジメントシステムは、ペイントデータがプロシージャルでも動作するように拡張されています。

OCIOロール駆動型プロジェクトの色空間デフォルト

Mariが認識してプロジェクトのカラースペースのデフォルトを構成するために使用する新しいOCIOロール名を導入しました。役割とターゲットの詳細については、Mariリファレンス・ガイドのProject Settingsトピックと、Color Managementナレッジベースの記事のMari Specific OCIOのロールを参照してください。

オブジェクトバージョン間で選択された選択グループ

新しいオブジェクトバージョンが追加されると、Mariは選択グループのメンバーシップを新しいバージョンに一致させようとします。これにより、選択グループを一度定義し、その後のすべてのオブジェクトバージョンに適用することができます。

非アクティブ選択グループ指示

アクティブなオブジェクトのバージョンに存在しない選択メンバーを含む選択グループは、パレットにグレーで表示されます。

 

Mari4.1リリース概要ビデオ

 
 
本文はMari4.1v1リリースノートをご参照ください。
 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。