Created on | Updated on
フォローする

OpenGL 2.0 GPUドライバがないと起動時にNuke 11がクラッシュする

現象

Nuke 11のリリース以来、インタラクティブモード(GUI)でNukeを起動した直後、または軽度のエラーやGUIの不一致に気づいたユーザーが数人いるという事実がありました。これらの問題はNuke 11から始まっており、以前のNukeリリース(Nuke 10.5v7以下)には存在しません。

次の場合に発生することがあります。

  • Nukeが実行されているマシンにはグラフィックスカード(GPU)がない
  • GPUドライバが無効 
  • GPUハードウェアには少なくとも512 MBのビデオメモリとOpenGL 2.0用のドライバサポートがありません

原因

Nuke最小システム要件では、ソフトウェアを実行するにはグラフィックカードが必要であり、グラフィックカードには少なくとも512 MBのビデオメモリとOpenGL 2.0用のドライバサポートが必要であることが記載されています。 

これは、オンラインヘルプの「インストールとライセンス」セクションのWindows  Mac OSX  、および  Linuxでもカバーされています。 

起動時やGUIの問題の原因は、マシンでNukeを実行することです。

  • GPUなし
  • インストールされていないGPUやドライバ
  • 必要な2.0フレームワークの前にOpenGLバージョンを実行しているGPUを持っている
  • 512MB未満のビデオメモリを搭載したGPUを搭載
  • 上記の要件を満たしていないGPUまたはGPUのないマシンで、リモートデスクトップセッション経由でNukeを起動する
  • 上記の要因の任意の組み合わせ

デフォルトでは、すべてのGUIプロセスを正しく実行するためにはNuke 11GPUが必要で、11.0v1より前のバージョンのようにCPUを使用することはできません。 

これは、相互互換性のために標準化されたライブラリセットを提供する、Nuke 11VFX Platform 2017の統合要件によるものです。具体的な原因はOpenGL 2.0が正しく機能するために必要なQt5へのアップデートです。

 

ここでは、起動時にNukeがクラッシュし、「QOpenGLShaderProgram」に関連する次のGPUエラーがコマンドプロンプトに表示されるシナリオがあります。これは、OpenGLドライバのバージョンが2.0未満で、Nuke 11の実行に必要な情報をロードできないマシンのGPUが原因です。 

 

2017-09-29.png

解決

起動時にNuke 11でクラッシュしたり、その他のGPU関連のエラーやNuke 11から始まるGUIの問題が発生した場合、Nuke 10リリース(またはそれ以前)では再作成できません。

  • グラフィックスカードドライバが最新バージョンに更新されていることを確認します
  • あなたのGPUOpenGL 2.0互換であることを確認してください
  • お使いのGPUのビデオメモリが512MB以上であることを確認してください

メモ: Nuke 11は、ネイティブOSグラフィックスドライバがインストールされた内蔵グラフィックカードまたは専用グラフィックスカードを使用せず、512 MBビデオメモリの最小システム要件を満たし、OpenGL 2.0をサポートしていない場合、インタラクティブモード(GUI)で実行することはできません。 

 

この記事は下記のFoundryナレッジベースの原文から記載しています。

Q100340: Nuke 11 crash on launch without OpenGL 2.0 GPU driver support