Created on | Updated on
フォローする

Photoshop CC 2018 アルファチャンネルのリサイズ

アルファチャンネルを持つ画像をリサイズした時、CS6(64bit)とCC2018にてアルファチャンネルにおいてのみ「再サンプル」の結果が異なります。CS6では「再サンプル」の全ての方法できれいな結果が得られますが、
CC2018では一部のサンプリング方法でアルファチャンネルでのみ輪郭部分のアンチエリアシングが正しく行われないため、出来上がった画像を繰り返して並べると接続部分に線が出てしまいます。

 下の表は1024X1024pixelの画像を256X256pixelに縮小した時のアルファチャンネルを2X2回並べた画像を、CS6とCC2018で比較しています。

  CS6 CC
ニアレストネイバー(ハードな輪郭を維持) __________A.jpg __________A.jpg
バイリニア ______A.jpg ______A.jpg
バイキュービック(滑らかなグラデーション) _________________A.jpg _________________A.jpg
バイキュービック-滑らか(拡大に最適) _____________A.jpg _____________A.jpg
バイキュービック-シャープ(縮小に最適) ______________A.jpg ______________A.jpg
バイキュービック自動 ____________A.jpg ____________A.jpg
ディテールを保持(拡大)   ______A.jpg
ディテールを保持 2.0   _____20_A.jpg

 

 

なおこの問題は修正のリクエストが登録されております。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。