Created on | Updated on
フォローする

Nuke 11.1v4リリースノート

Nuke 11.1v4でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS
  • macOS Sierra (10.12) or macOS High Sierra (10.13)
  • Windows 7 or Windows 10 (64-bit)
  • CentOS 6 or CentOS 7 (64-bit)
 
このリリースに新機能、機能強化はありません。
 

バグ修正

バグID 134020  -  Mac OS X / macOSのみ:[パネル]> [ノードの色]の下にある色見本をクリックします。プリファレンスダイアログの後ろにカラーホイールが表示されることがありました。

バグID 218448  - ノードグラフ:大きなフォントサイズのノードラベルをノードグラフに追加するノード間の接続パイプが消えてしまうことがありました。

バグID 227958  -  Linuxのみ:マウスの右ボタンでクリックしたコンテキストメニューが間違ったモニタに表示されることがありました。

•BUG ID 229820  - ビューア:ReadノードのRawデータコントロールがトグルされたときに、ピクセルサンプラがオンとオフするとフリーズする

バグID 235461  -  Mac OS X / macOSのみ:フローティングペインでデュアルスクリーンワークスペースを復元すると現在の作業領域はすべてのパネルを1つの画面に重ねてしまいます。

バグID 335899  -  ARRIRAW:特定の.ariファイルにより、Nuke Studioがフレームをキャッシュしている間にクラッシュする

RAMキャッシュ。

バグID 338201  -  macOS High Sierraのみ:特定の従来の.hroxプロジェクトを11.1に変換するとNuke Studioがクラッシュする

 バグID 338380  -  Linuxのみ:メタデータからロード設定をクリックしても、期待どおりに機能しませんでした。ARRIRAW .mxfファイル。

 

その他の既知の問題

AudioRead

バグID 18666  - サンプルレートを変更しても、Flipbookの再生には影響しません。

FrameServer

•バグID 273472 - バックグラウンドレンダリングパネルでコンプレンダリングをキャンセルまたは一時停止するとターミナルにエラーが表示される。

Flipbook

•バグID 47005 - Flipbook Viewerで、[start]ボタンをクリックすると、クリップが0から開始しない場合常にフレーム0に移動します 

 OCIO

•バグID 201193 - ノードの[Metadata]タブの読み込み時に、関連性のないイン/アウトのカラースペースコントロールが含まれることがある。

 

上記以外の情報はNuke11.1v4リリースノートをご参照ください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。