Created on | Updated on
フォローする

Taskエンティティからタスクを登録する

通常は、ShotやAsset側で情報を登録し、Task Templateなどで
PipelineStepへのタスクを設定してから、Taskページに
表示させるというのが一般的です。

Taskエンティティからタスクを登録する場合、

・Link(ShotやAssetなどへのリンク)
・Pipeline Step

の情報が入っていないまま登録するとエラーになります。

これをエラーなく登録していくには、

・Linkのデータを作成する
・PipelineStepを選択する

という順番で作成すればうまく登録できます。

具体的には、Linkに情報を入れて登録していきます。
ここではAssetエンティティに情報を追加しています。
Task Name を入れた後に、LinkフィールドにTask10と入れると、
作成を促す表示が出ます。
Create... をクリックします。


ここではAssetエンティティを選択して、
Assetエンティティの親の情報を作成します。


Assetエンティティの情報が確定することにより
AssetエンティティのPipeline Stepを確実に選択できるようになります。
こちらで完成です。


※補足
もし+Taskの画面で、LinkフィールドやPipeline Stepフィールドがない場合は、
こちらから表示させることができます。

 

 

■その他関連情報
Taskページで+Taskしたらタスクが表示されない(または赤くなっている)