Created on | Updated on
フォローする

テンポラリライセンスの警告ウィンドウで「Launch」をクリックするとMari 4.0がクラッシュする

現象

WindowsでMari 4.0v1,4.0v2または4.0v3を起動し、15日以内に一時ライセンスを実行すると、ライセンスにX日を残していることを示す警告メッセージが表示されます。「Launch」をクリックしてMariを実行すると、クラッシュします。
 

この問題はBUG340113として追跡されています

解決

このバグには、いくつかの回避策があります。

Verboseモードでマリを起動します
:次のショートカット使用してVerboseモードでMariを起動することができます

[スタート]> [すべてのプログラム]>鋳造>マリの4.0v1>マリの4.0v1(VerboseOutput)

からMariを起動しますコマンドプロンプト:コマンドプロンプト
からMariを起動するには、次のコマンドを実行します。

C:¥Program Files¥Mari4.0v3¥Bundle¥bin¥Mari4.0v3.exe


ライセンスの有効期限の警告を無効にする環境変数を設定する:
Mari(および他のFoundryプログラム)が、次の環境変数

FN_DISABLE_LICENSE_DIALOG = 1を設定することで、ライセンスが間もなく期限切れになることを警告できないようにすることができます

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。