Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version2.5.72リリースノート

Cinema 4Dの重要な情報:
2.5.66以降のリリースでは、特定のシェーダノードパラメータの基になるデータに変更が導入されています。
古いシーンが検出されると、プラグインは必要なデータ変換を自動的に実行し、メッセージが表示されます。 そのシーンが保存されると、以前のバージョンのプラグインとは互換性がなくなります。 そのため、新しいバージョンのプラグインで使用する前にシーンのバックアップをとることをお勧めします。Max Hairマテリアルが割り当てられたオブジェクトと一致しなかった不具合を修正

* [Maya] Ornatrix v2のサポートが追加
* [Maya] リファレンスを作成後、AOVのアトリビュートエディタのUIセクションが欠けていた不具合を修正
* [Maya] RedshiftVolumeShapesのインスタンスがレンダリングされないバグを修正
* [Max] Ornatrix v2のサポートが追加
* [Max] Redshift AOVライトグループのサポートが追加
* [Max] Max Hairマテリアルが割り当てられたオブジェクトと一致しなかった不具合を修正
* [Max]エクスポートされたプロキシでAOVファイルのガンマ設定が正しくないバグを修正
* [Max] IRenderElementMgrインタフェースをプリレンダリングまたはレンダリング後通知をパス。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/17491/
* [Houdini] Houdini 16.5.473用の新しいプラグインのビルド
* [Houdini] ライトノード削除によるIPRクラッシュを修正
* [Houdini] ライトノードを追加および編集のようなIPRが損なうイベントを修正
* [Houdini] OBJノードを削除した後、イベントの損失に関連したIPRの問題を修正
* [Houdini]SOPノードバイパスフラグを変更後のライブIPRシーンの更新
* [Houdini] OBJノードの表示フラグを変更した後のライブIPRシーンの更新
* [Houdini] IPRがレンダリング中、新しいシーンを作成した後で、まれに発生するクラッシュを修正
* [Houdini]デフォルトのRSLightタイプは現在「Area」となり、古い「Distant」タイプを置き換え
* [Houdini] ボリュームプリミティブを内部に持つOBJノードにパーティクルシステムを描画する際の問題を修正
* [Houdini] RedshiftマテリアルVOPノードマテリアルフラグは、デフォルトで有効
* [Katana] Katana 3.0v1をサポート
* [Katana] displacement ノードシェーダ接続を修正
* [C4D] Cinema 4Dビューポートが非表示になっていたときにIPRがShaderGraphエディタの変更を検出しない問題を修正
* [C4D] ビルトインレンダラーと比較して、レイヤのレンダリング可能な設定がインスタンスに対して異なる結果を生成するという問題を修正
* [All] Rレンダラーの初期化中のライセンスチェックアウト/チェックインを削除
* [All] 多くのAOVをレンダリングする際に 'gridSizeX'の制限が発生するバグを修正
* [All] プロキシマテリアルのオーバーライドによって正しいuvチャネルが使用されないバグを修正
* [All]RSライトに新しい「露出」オプションを追加
* [All] ColorCorrectionノードの内部でHSV使用切り替え時のHDRカラーのバグを修正
* [All] 環境変数REDSHIFT_ABORTONLICENSEFAIL = 1を設定して、「ライセンス失敗時の中止」を有効にするサポートを追加
* [All] より複雑なシェーダグラフを可能にするために、内部シェーダのカウント制限を増加
* [All] Irradiance Point CloudとIrradiace Cacheの作業メモリの上限を4GBに引き上げる(from 1GB)
* [All] ポイントベースのSSSが透過の後ろにある場合正しくならないバグを修正
* [All] global volume scatteringシェーダが割り当てられているときにライティングアーチファクトを引き起こす可能性のあるバグを修正
* [All] すべてのライトに「マルチスキャッタリング」レイ寄与スライダを追加
* [All] カスタムAOVを使用してシーンをレンダリング中、IPRとバケットレンダリングの切り替え時にクラッシュする可能性のあるバグを修正