Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.70リリースノート

Cinema 4Dの重要な情報:
2.5.66以降のリリースでは、特定のシェーダノードパラメータの基になるデータに変更が導入されています。
古いシーンが検出されると、プラグインは必要なデータ変換を自動的に実行し、メッセージが表示されます。 そのシーンが保存されると、以前のバージョンのプラグインとは互換性がなくなります。 そのため、新しいバージョンのプラグインで使用する前にシーンのバックアップをとることをお勧めします。

* [Maya] ライトグループ名のスペースが削除されるようにライト "AOVライトグループ"アトリビュートの動作を変更
* [Maya] integer user dataとしてenumアトリビュートのサポートが追加
* [Maya] user dataノードが入力アトリビュートに接続されているときに表示されるランダムな大きな数値を修正
* [Maya] shader switchノードのAEの 'selector'と 'offset'入力アトリビュートの表示を修正
* [C4D] 内部バジェットを超過したタグアトリビュートを取り除く際にアサートを発生させるバグを修正
* [C4D] Materialsメニューの新しいConversionサブメニューから利用できるC4DビルトインマテリアルとSubstanceアセットのShader Graphへの自動変換の初期サポートを追加
* [C4D] ShaderGraphにドロップしたときに既存のRS MaterialにSubstanceアセットを自動的に接続する機能を追加
* [C4D]IESライト用のビューポートプレビューの改善
* [C4D]Light ShaderのパラメータをRSLightに埋め込むことで、ShaderGraphsによるRSLightの使いやすさを向上
* [C4D] EnvironmentシェーダのTransform matrixパラメータが有効でない問題を修正
* [Houdini] プロキシマテリアルの問題が相対パスをオーバーライドしている問題を修正
* [Houdini]ROPノードOutput Gamma Modeはデフォルトを「自動」に設定
* [Houdini] "instancefile"プロキシインスタンスのマテリアルを上書きする "shop_materialpath"ポイントアトリビュートをサポート
* [Houdini] 改善された非同期。 SOPレベルイベントの後にIPR / RenderViewシーン更新を管理するためのイベントシステム。
* [Houdini] SOPノードの削除中にいくつかのIPR / RenderViewの問題を修正
* [Houdini] SOPレベルで変更したボリュームオブジェクトのIPR / RenderViewライブビューデートをサポート
* [Houdini]TIFFおよびPNG出力ファイル形式にビット深度オプションを追加。
* [Katana] ROIリセット機能を修正
* [All] 特定のシェーダノードでカスタムAOVを使用するとクラッシュする可能性のある、最近導入されたバグを修正
* [All]カスタムAOVがシェーダの変更後に正しくレンダリングされないバグを修正
* [All] macOSでNVidia CUDAドライバのバグを回避するためのコードが追加。 詳細はこちらread this: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/18893/
* [All] 実験的な「カメラスペース」モードでglobal height fogの動作を防ぐバグを修正
* [All] 「グローバルAOV」モードを切り替え後、ライトグループカラーが正しくない結果になるバグを修正
* [All] ボリュームグリッドモーションブラーの改良(品質/性能)を追加
* [All] 古いプロキシファイルで発生する可能性があるredshiftCmdLine-fileinfoによるクラッシュを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。