Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.05(実験ビルド)リリースノート

REDSHIFT 2.6の実験バージョンには、VoltaベースのGPU(TITANV当)のサポート同様、OPTIXALTUSデノイザーが含まれます。

注:DenoisingはMaya、3ds Max、C4D、Houdiniでサポートされています

詳細については、こちらをご覧ください:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/16891/

このビルドには、バージョン2.5.63の機能と修正が含まれています(ただし、Houdiniのスキャッタリングティントテクスチャオプションを除く)

その他のリリースノート
■[3ds Max]ノイズ除去を有効にしたマテリアルエディタを使用しているときのハング/フリーズ/クラッシュを修正
■[3ds Max] RVでレンダリングする前にバッファをクリアして、おかしなノイズ除去アーティファクトを回避
■[C4D]Direct Outputとノイズ除去の組み合わせてまだサポートされていません
■[C4D]ノイズ除去がアクティブになったときにRenderViewまたはIPRがリージョン領域のみを表示する問題を修正
■[C4D]ノイズ除去が有効になっているときにRenderView / IPRに軽微な最適化を追加
■[Houdini] LinuxでのOptiXノイズ除去では、LD_LIBRARY_PATHに/ usr / redshift / binを追加する必要がある
■[All] Altus denoiserを使用しているときに、「Altus denoising failed!」とアサートした場合は、Redshiftの予約メモリの%を減らしてみてください