Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.6.04(実験ビルド)リリースノート

REDSHIFT 2.6の実験バージョンには、VoltaベースのGPU(TITANV当)のサポート同様、OPTIXALTUSデノイザーが含まれます。

注:このバージョンでは、3ds Max、C4DおよびHoudini(Mayaに加えて)でのノイズ除去サポートが追加されています。

詳細については、こちらをご覧ください:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/16891/

このビルドには、バージョン2.5.63の機能と修正が含まれています

その他のリリースノート
■[3ds Max] [追加バッファを保存]機能はまだ使用できません
■[C4D]Direct Outputは、ノイズ除去と組み合わせてまだサポートされていません
■[C4D] TurbulenceFDが存在する場合にC4Dを終了するときの潜在的なクラッシュまたはハングアップ
■[C4D]プロキシサポートは未検証
■[Houdini] LinuxにてOptiXノイズ除去を使用する場合、LD_LIBRARY_PATHに/ usr / redshift / binを追加する必要があります
■[All] Altus denoiserを使用しているときに、「Altus denoising failed!」とアサートした場合は、Redshiftの予約メモリの%を減らしてみてください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。