Created on | Updated on
フォローする

CaraVR 2.0v2リリースノート

Mari2.0v2でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

対応OS 
 
Nuke Version Platform
  Mac OS X/macOS  Windows (64-bit) Linux (64-bit)
10.5v6以上 10.9 (Mavericks)  Windows 7 CentOS/RHEL 5
  10.10 (Yosemite) Windows 8 CentOS/RHEL 6
11.0v3以上 10.11 (El Capitan) Windows 7 CentOS 6
  10.12 (Sierra) Windows 10 CentOS 7
11.1v1以上 10.12 (Sierra) Windows 7 CentOS 6
  10.13 (High Sierra) Windows 10 CentOS 7
 
 
 
新機能

このリリースでは、すべてのプラットフォームでNuke 11.1のサポートが追加されました。

 
機能強化
 
C_Stitcher
今回のリリースでは、レンダリングファームからの一貫した出力、 アニメーション化されたリグコントロールをステッチし、オペレーティングシステム間の出力の差を最小限に抑えます。
•BUGID 312081 - 連続していないバッチのフレームをレンダリングすると、一貫した結果が生成されるようになりました。
•BUGID 326748/330103/330104 - 回転やコンバージェンスなどのリグコントロールをアニメートする 一貫した結果が得られます。
•BUGID 331520 - アニメーションキーフレームのステレオシーケンスで、一貫した出力が生成されるようになりました。 ファームをレンダリングします。
•BUGID 333067 - 異なるオペレーティングシステム間のレンダリングされた出力の違いを無視できる。
 
その他の機能拡張
•C_Tracker:新しいプレビュー機能チェックボックスがノードプロパティの[設定]タブに追加されました。
フィーチャコントロールを変更することで、フィーチャコントロール全体のフィーチャの配置にどのように影響するかを確認することができます。
画像。
•BUGID 332447 - C_DisparityGenerator:新しいコントロール、Vectorspaceが追加されました。
どのように視差ベクトルが画像の左端および右端でふるまうか。コントロールには2つのモードがあります。
デフォルトの(ラップされた)およびContinuousは、通常のNukeノードおよびCaraVRのベクトルを生成する
ノード。
•BUGID 334927/334937 - C_GlobalWarp:キーフレームが存在しない場合、C_GlobalWarpは新しい
シーケンスの最初のフレームのキーを押します。
 
バグの修正
•BUGID 225695 - C_CameraSolver:ユーザーの一致を削除した後で、Undoが正常に動作しませんでした。
•BUGID 282556 - C_Stitcher:別のCaraVRノードからキーフレームをインポートするとベクトルが無効になる。
•BUGID 283927 - C_CameraSolver:[プロパティ]パネルで、Camerasテーブルが保持されませんでした 手動でアニメーション化されたキーフレーム。
•BUGID 312310 - C_CameraSolver:解決されたリグを含むスクリプトの保存、終了、および再オープン 時C_CameraSolverは、最初のカメラコントロールの値ですべてのカメラコントロールをオーバーライドさせました。
 
37件のバグ修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。