Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.66リリースノート

* [Maya] out-of-frustumのジオメトリのテッセレーションサブディビジョンを制限するための特別なコントロールの追加
* [Maya] rsProxyコマンドに新しいフラグ '-dependencies / -d'を追加。 クエリモードでこのフラグを指定して呼び出すと、rsProxyは、ネストされたプロキシ、テクスチャ、およびボリュームファイルのプロキシファイルの依存関係への完全なパスを含む文字列配列を返す。
* [Max] HairFarmモディファイアを使用しているときにジオメトリがレンダリングされないバグを修正
* [Max] ネストされたシェーダがグローバルスキャッタリングマップで正しく動作しないバグを修正
* [C4D] VertexAttributeノードのAttribute Nameパラメータに新しいポップメニューを介して利用可能な、さまざまなCurve関連の頂点アトリビュートを追加。
* [C4D]フィードバック表示UIを改善し、Redshiftのログファイルとフォルダにメニューショートカットを追加
* [C4D] デフォメーションブラー中のポリゴンカーブの問題を修正
* [C4D] IPRウィンドウに可能性のあるデッドロック問題を修正
* [C4D] Ambient Occlusionシェーダノードとの互換性の問題を修正
* [C4D] マテリアルプレビューがシーンの更新を停止させる可能性のあるボトルネックを削除
* [Houdini] ライト単位AOV(およびBeauty)のサポートが追加
* [Houdini] RS ROPノードにおけるAOVのGUIの改善
* [Houdini] 定義されたすべてのAOVを完全に無効にするオプションを追加
* [Houdini] RSRenderViewを使用した後のMPlay AOVsレンダリングを修正
* [Houdini] レンダリングモードと一致しないRSRenderViewバケットボタンの問題を修正
* [Houdini]RSRenderView Houdiniメニューで選択したROPにチェックボックスを追加
* [Houdini] IPR / RSRenderViewは、シェルフから開いた場合に使用された最後のROPを記憶
* [All] RenderViewはOCIO環境変数を使用します。 設定すると、OCIOが有効になり、環境変数で指定された設定がデフォルトでロード
* [All] 異なるGIモード間で切り替えるときにLight Group AOVがクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] 小さな三角形のモーションベクトルAOVの結果が不正確になる可能性のあるバグを修正
* [All] redshiftCmdLineの-printdpendenciesは再帰的なプロキシスキャンを実行
* [All] プロキシはカスタムAOVシェーダをサポート
* [All] 低解像度のボリュームグリッドでアルファチャンネルにバンディングアーチファクトが発生する可能性がある問題を修正。 詳細はこちら: https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/17946/
* [All] パズルマットやライトグループのAOVが二次バウンスから黒を返す原因となるバグを修正
* [All] グローバルSSSオプションが無効になっているときに、すべての照明をノックアウトする2.5.65で導入されたバグを修正
* [All] シェーダボールのAutomatic memory managementが(誤って)トリガされ、クラッシュを引き起こす可能性がある問題を修正
* [All] RS Rampノードのバンプがランダムに失われる可能性のあるバグを修正
* [All] シャープ/フォーカスされた屈折レイ用のぼやけたテクスチャをもたらす可能性のあるバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。