Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.61 リリースノート

* [Max]シーケンスをレンダリングするときの最初のフレームの後にジオメトリが消えるのバグを修正
* [Max] モーション/デフォメーションブラーが有効になっている一部のシナリオで、IPRが継続的に更新されるバグを修正
* [Max] IPRをアクティブにしているときに新しいシーンを開いたり、リセットしたときに不安定になる可能性のあるバグを修正
* [Max] IPRをアクティブにしている間にモーションブラーの設定を変更すると不安定になる可能性のあるバグを修正
* [Max] 依存オブジェクトが変更されたときにIPRによって隠されたジオメトリをレンダリングされる可能性があるバグを修正
* [Maya] テクスチャがないエラーメッセージをキックアウトすると最近導入されたバグを修正
* [C4D] 別のレンダーが進行中にRenderViewウィンドウまたはIPRウィンドウを閉じるとクラッシュする可能性のある問題を修正
* [C4D] ジェネレータモードでXRefを使用する際に、一貫性のない問題を修正
* [C4D] 素早くターゲットタグを追加するためにRSLightオブジェクトに新しいショートカットメニューを追加。オプションでターゲットヌルオブジェクトも追加。
* [All] 散乱が有効にならない限りフォグの高さ(Height Fog)を全体で無効にするバグを修正
* [All] レイトレースSSSおよびレイ・マーチ・ボリュームを使用した場合、潜在的なパフォーマンスおよび破損の問題を修正
* [All] ドームライトの 'background enabled'オプションがオフのときに現在の環境マップ表示される
* [All] RS Material ‘Abbe’ option is now texturable
* [All] パスの上書きに対する環境変数のサポートが追加。 詳細はこちら。 https://docs.redshift3d.com/display/RSDOCS/Redshift+Environment+Variables?product=maya
* [All] サーフェスラフネスマップを使用時にドームライトのスペキュラーリフレクションに対して目に見える不連続性が生じる可能性のあるバグを修正
* [All] 事前に変換されたテクスチャ読み込みは、[Copy to cacheー]オプションが無効になっている場合、最早プリキャッシュされたテクスチャを優先しない