Created on | Updated on
フォローする

Redshift Version 2.5.63リリースノート

* [Maya] 「don’t save image」オプションを使用してRVでレンダリングするときにAOVが生成されないバグを修正
* [Maya]ハイフンを含むファイル名で発生するMayaの問題を修正するためのfromNativePathのMELオーバーライドを追加
* [Maya] テクスチャ化されたグローバルスキャッタリングティントのサポートを追加
* [Max] インスタンス化されたオブジェクトパイプラインによるシーン変換に影響を与える回帰バグの修正
* [Max] F子オブジェクトがIPRで親トランスフォームの変更をフォローしないバグを修正
* [Max] PFlowオブジェクトのレンダリングクラッシュの可能性を修正
* [Max] パラレルにメッシュ変換を行うことでシーン変換時間を改善
* [Max] メッシュに間違った内部名が使用されていたバグを修正
* [C4D] サードパーティ製スプラインジェネレータプラグインのサポートの改善
* [C4D] ShaderGraph Editorのノードツリーが改善。これにより廃止予定のノードが「レガシー」カテゴリの下にリスト化。
* [C4D] シーンにレンダリング可能なカーブオブジェクトが含まれている場合、特定の条件下でC4Dシャットダウン中にクラッシュする可能性のある問題を修正
* [C4D] XRefを含むシーンで潜在的なクラッシュの問題を修正
* [C4D] Deep output中にサポートされていないAOVの空マルチパスレイヤに伴う問題を修正
* [Houdini] テクスチャ化されたグローバルスキャッタリングティントのサポートを追加
* [Houdini]マルチスレッド抽出コードに関連するいくつかのクラッシュと問題を修正
* [Houdini] 非GUIツールからプラグインを閉じる際のHOM_OperationFailed例外問題への最初の試み
* [Houdini] シーンのCookingイベントによるハングやクラッシュを避けるために、シーンファイルを保存する際にIPRイベントシステムを無効。
* [Houdini]/ matネットワークからのグローバル環境シェーダのサポート
* [Houdini] IPRが実行中のシーンクラッシュを修正
* [All] 重要: “automatic memory management” がデフォルトで有効
* [All] メッシュが一緒に縫い合わされたときに生じる、「too many vertex attributes」エラーのより良い処理
* [All] ネストされたプロキシがライト/シャドウリンクから除外されるバグを修正
* [All] 別のプロキシファイルから参照されるプロキシファイルが見つからないと、レンダリング時にクラッシュする可能性がある問題を修正
* [All] プロキシにエクスポートされたシーンでObjectID AOVパラメータが欠落していたため、ObjectID AOVがredshiftCmdLineで正しく機能しないバグを修正
* [All] IrradianceキャッシングとモーションブラーでレイトレースSSSが正常に動作しない可能性のあるバグを修正
* [All] automatic memory managementが有効な場合、VRAMリセットに関するマルチスレッドパフォーマンスの向上
* [All] 「polygon connectivity」を有効にしてエクスポートされたプロキシに対して、クワッド三角測量が間違っている(回転している)可能性がああるバグを修正
* [All] レイトレースSSSを使用するとまれにクラッシュを引き起こす可能性のあるバグを修正
* [All] オブジェクトが不透明な単一スキャッターオブジェクトを交差するときに関連した小さな問題を修正
* [All]パズルマットと混合された反射/屈折IDオプションに関するいくつかのバグを修正
* [All] 「Mem copy is too big for buffer (null) (copy is 4, buffer is 0)!」メッセージと一緒に深刻なレンダリングのクラッシュを引き起こす可能性があるバグを修正
* [All] 偽のテクスチャサンプラーのメモリリークを報告する可能性のある稀に発生するバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。