Created on | Updated on
フォローする

Modo12.0v1リリースノート

Modo12.0v1でアップデートされたリリースノートから抜粋して紹介します。

 glTF 2.0 Facebookにエクスポート

Facebookの新しい「3D Posts」機能と連携して開発されたアーティストは、Modoで3Dオブジェクトを作成し、Facebook News Feedで共有することができます。Facebookのユーザーは、オブジェクトをつかみ、回転させたり、オブジェクトと接触したりして、あらゆる角度から見ることができます。この技術は、より魅力的で魅力的なコンテンツを作成するユニークな機会をアーティストに提供し、ユーザーにFacebook上でインタラクティブな3D体験を楽しむ機会を提供します。

 

メッシュペイントリファインメント

Modoのメッシュペイントツールは、最新のものに改良されており、これまで以上に速くモデルや環境を素早くバッシングすることができます。ランダムなプリセットをペイントする機能により、アセットライブラリを新しくエキサイティングな方法で利用することができます。新しい配列ペイントモードでは、より多くの順序付けられたオブジェクトのコレクションをペイントする際に、より優れたコントロールが可能です。

 

メッシュフュージョンサーフェスストリップ

 MeshFusionは、Fusion Itemサーフェス上に並んでいるストリップジオメトリまたはトポロジの作成を可能にする革新的な新機能であるSurface Stripsによって大幅に強化されています。これにより、プロシージャ操作またはFusion Output Meshの直接モデリングのいずれかを使用したPost-Fusionモデリングの幅広い機会が提供されます。最も明白な例は、任意のパスに沿ったチャンネルとリッジですが、アプリケーションの範囲がはるかに広く、これまで以上に反復をより創造的に探索することができます。

 

モデリングとデザイン作成の強化

ジッタツールには、1つのアイテム内で連結ジオメトリの位置、スケール、回転をランダム化するための新しいオプションがあります。また、接続された選択肢と連動しているので、以前は困難だったような状況で微妙なリアリズムをすばやく追加することができます。1つの3Dビューポートで、変換ハンドルと直接やりとりすることなく、オブジェクトをあなたに近づけたり離れたりすることでモデル化することが可能になりました。Vertex Slideツールに新しいツールハンドルが追加され、メッシュ内の頂点の位置を微調整する際のコントロールが向上しました。

 

新しいプロシージャるメッシュ操作

Triangulate MeshOpが追加され、非破壊的な方法で三角形モデルをエクスポートできます。Merge Meshオペレータは、レプリケータアイテムをジオメトリ入力として読み取ることができ、プロシージャモデリングツールを使用してレプリケートされたジオメトリを操作したり、レプリケートアイテムを単一のメッシュアイテムに変換してエクスポートしたりできます。ミニグラフエディタを使用してアイテムフォールオフの形状をモディファイすることが可能になり、リギングや手続き型モデリングの際のフォールオフ効果の幅をさらに広げることができます。新しいFalloff Operatorを使用すると、一連のシーンおよび幾何学的パラメータを使用してメッシュ演算の減衰を調整できます。

 

クラウドアセットとFoundry共有サイト

プリセットアセットの作成、共有、ダウンロードが改善されました。クラウドアセットをドラッグしてアイテムツリーにドロップするか、または直接Modoビューポートにドロップできます。アセットをダウンロードしてシーンに適用しないだけですか?プリセットサムネイルの左上に表示される新しいダウンロードバッジを使用します。プリセット作成のプロセスも大幅に合理化されています。UIの任意の場所から任意のプリセットブラウザにドラッグするだけで、任意のプリセットタイプを作成できるようになりました。

 

洗練されたUVツールとワークフロー

UIの最適化と新しいツールバーメニューオプションを使用することで、Modoの高速で素早いワークフローが洗練され続け、サードパーティのModoアドオンをより簡単に管理できます。Modo Modesツールバーは、一貫性を高めるために再構成されました。多くのモードでワークフローが改善され、標準Modoモデリングセッションに伴うクリック数が大幅に削減されました。UVビューポートには新しいボタンが追加されました。一般的な表示オプションの範囲。Fit UVsコマンドには、ボーダーパディングを設定するための新しいGapsオプションがあります。また、複数のUV選択を一度に整列させるのが簡単になりました。

 

Hatchetコレクション

Modo 12.0には人気のHatchet CollectionのPythonスクリプトが含まれており、Modoのコア機能が強化され、アセットの作成がさらに効率化されます。カーブのタイプ、オフセットカーブ、ランダムを選択するなど、さまざまなツールがあります。

 

高度なビューポートGPUアクセラレーション

ModoのAdvanced Viewportは、MSAA(Multi Sample Anti-Aliasing)GPUハードウェアを使用して、アンチエイリアスレンダリングを高速化するようになりました。これは、利用可能な超サンプリング法のより速く、大まかで準備ができたバージョンです。新しいGPU搭載アニソトロピックテクスチャフィルタリングは、ほとんどすべてのケースで優れたビューポートテクスチャ品質を提供しますが、わずかなパフォーマンスを犠牲にしています。

 

レンダリングとシェーディングの改善

特定のフレームをより柔軟にレンダリングする方法を提供するために、アニメーションレンダリング中にどのフレームをレンダリングするかを制御する新しいフレーム範囲チャネルが追加されました。新しいglTF Material Shaderは、Modoのネイティブレンダラー、高度なビューポート、およびglTFシェーディングモデルをサポートする他のアプリケーションの間で、完全なWYSIWYGを可能にします。PBRとUnlitの両方の設定を含むShading Modelドロップダウンも追加されました。

 

上記以外の情報はModo12.0v1リリースノートをご参照ください。

Modo12.0v1リリースノート

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。