Created on | Updated on
フォローする

サブスクリプション契約を結んだオートデスク製品を、インターネットに接続しなくても使用できる期間

 

問題:

Desktop Subscription (DTS)契約を結んだオートデスク製品を使用していますが、インターネットに接続しなくても使用できる期間について教えてください。 

 

解決策:

初回のインストールとサインインではインターネット接続が必要です。アクティベーションが完了すると、ソフトウェアはオフラインで 30 日間まで動作できます。30 日が経過したら、ソフトウェアの使用を継続するためにインターネットに接続します。ライセンスを更新するためにインターネット接続が必要になると、その 7 日前にソフトウェアから通知されます。 

サブスクリプション契約では 30 日ごとにインターネットに接続する必要があります。
 
マルチユーザー ライセンスのサブスクリプションメンバーシップで、ユーザの 1 人だけインターネットへの接続環境をもたず、他の 3 人はインターネットに接続できるケースを考えてみます。3 人はインターネットに接続して 1 人 だけ 30 日以内にインターネットに接続しなかった場合、他の 3 人も含むマルチユーザー全員のサブスクリプションが利用できなくなるのでしょうか? 
 
そうではありません。サブスクリプションは指名ユーザ モデルで運用されるため、ソフトウェア全体がブロックされるのではなく、インターネット接続を行わなかったユーザのアカウントのみがブロックされます。これにより、インターネットに接続した 3 人のユーザは引き続きサブスクリプションを通してソフトウェアを利用できます。ただし、インターネットへの接続環境をもたない指名ユーザは、なんらかの方法で 30 日以内にインターネットに接続しない限り、ソフトウェアを利用できなくなります。  

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。