Created on | Updated on
フォローする

Windows10 ファイアウォールでの特定のポート番号の通信を許可する方法について

■ 概要

Windows7においてファイアウォールでの特定ポート番号の通信を許可するための設定について説明します。
なお、今回のポートの開放の設定は、Autodesk製品のライセンスサーバで使用するポートの開放を例に説明をしていきます。

Windows7でのファイアウォール設定は下記ページをご確認下さい。

Windows7 ファイアウォールでの特定のポート番号の通信を許可する方法について

 

■設定方法

  1. Windowsスタートボタンの右クリックメニューより、"システム"を選択します。
    1.png
     
  2. バージョン情報の"Windows Defender で詳細を確認します"を選択します。
    2.png
     
  3. Windows Defender セキュリティセンターのウィンドウが開きますので、"ファイアウォールとネットワーク保護"を選択します。
    3.png
     
  4. ファイアウォールとネットワーク保護のページで、"詳細設定"を選択します。
    4.png
     
  5. 別ウィンドウでWindowsファイアウォールの詳細設定が表示されます。
    左ペインより"受信の規則"を選択します。
    5.png
     
  6. さらに、右ペインより"新しい規則"を選択します。
    6.png
     
  7. [新規の受信の規則ウィザード]が新しく表示されますので、開放したいポート番号の設定をしていきます。
    まず、"ポート"にチェックを入れて、[次へ]を押して進めます。
    7.png
     
  8. "TCP"を選択し、特定のローカルポートに 2080, 27000-27009 と入力します。
    8.png
     
  9. "接続を許可する"にチェックが入っていることを確認し、進めます。
    9.png

  10. ご使用のネットワーク環境に合わせて、今回設定している例外の規則の適用するネットワークを設定します。
    ご不明な場合は、ネットワーク管理者に確認をして設定を行って下さい。
    少なくとも、"パブリック"のチェックは外しておいたほうが良いかと思います。
    10.png

  11. 今回設定したファイヤーウォールの受信の規則の名前および説明を入力します。
    Autodesk製品のライセンスサーバの通信におけるポートの例外設定になりますので、以下のようにしております。

    名前: Flexlm for Autodesk Product(2080, 27000-27009)
    説明: adskflex: 2080, lmgrd: 27000-27009

    11.png

 

以上で、特定ポート番号の通信を許可する設定は完了です。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。