Created on | Updated on
フォローする

Arnoldのライセンス管理について

Arnoldのライセンスはすべてフローティングライセンスとなり、ライセンス管理ツールを使用してライセンスの管理を行うのですが、ArnoldのライセンスタイプやArnoldのバージョンにより使用するライセンス管理ツールが異なります。

  1. Flexlmでの設定が必要なArnoldライセンス
    (Flexnetライセンス、Autodeskのライセンスシステム)
    - 年間サブスクリプションライセンス、永久ライセンス(2018年4月末まで販売)かつ
     Arnold5.0.1以降のバージョンを使用する場合
      ※ Arnold5.0.1に対応する各DCCツールのプラグインバージョンは...
                MtoA 2.0.1
                C4DtoA 2.0.3
                HtoA 2.1.0
                MAXtoA 1.0.832
                KtoA 2.0.2
     
  2. RLMでの設定が必要なArnoldライセンス
    (Repriseソフトウェア、従来のSolidangleのライセンスシステム)
    - Arnold5.0.1より前のバージョンを使用する場合
    - Solidangleより直接購入した1ヶ月サブスクリプションのライセンス(バージョン問わず)